フランク・ネルソン・コール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランク・ネルソン・コール
生誕 (1861-09-20) 1861年9月20日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州アッシュランド英語版
死没 1926年5月26日(1926-05-26)(64歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
研究分野 数学
研究機関 ハーバード大学
ミシガン大学
コロンビア大学
アメリカ数学会
博士課程
指導教員
フェリックス・クライン
博士課程
指導学生
エリック・テンプル・ベル英語版
ジョージ・エイブラム・ミラー英語版
プロジェクト:人物伝

フランク・ネルソン・コールFrank Nelson Cole, Ph.D.1861年9月20日 - 1926年5月26日)は、アメリカ合衆国数学者である。

マサチューセッツ州アッシュランド英語版に生まれ、ハーバード大学を卒業した後、1885年から1887年まで同大学で数学を教えていた。

後にミシガン大学コロンビア大学で教職に就いた[1]。1895年から25年間、アメリカ数学会(AMS)の事務局長を務めた。

1903年、ニューヨークで開かれたアメリカ数学会で、メルセンヌ数 M67 = 267 − 1の因数を確認したという発表を行った。M67 が因数を持つ(素数ではない)ことは、1876年にエドゥアール・リュカが証明していたが、リュカはその因数が何であるかまでは示せなかった。コールは黒板の前に立つと、M67の値、すなわち147,573,952,589,676,412,927 を注意深く書いた。今度は黒板の前の別の場所へ移動し、193,707,721 × 761,838,257,287と書いて、その乗算を手計算で行った。両者の値が等しいことが示されると、コールは自分の席に戻った。この間約1時間、コールは一言も発しなかった。少し間を置いて、会場に拍手が沸き起こったと伝えられている[2]。後にコールは、因数を発見するのに「毎週日曜日、3年間」かかったと述べている[3]

1926年にニューヨーク市で64歳で亡くなった。アメリカ数学会のコール賞は彼を記念して制定されたものである。

脚注[編集]

  1. ^ Fiske, T. S. (1927). “Frank Nelson Cole”. Bull. Amer. Math. Soc. 33 (6): 773–777. doi:10.1090/s0002-9904-1927-04477-9. MR1561460. 
  2. ^ 中村滋フィボナッチ数の小宇宙(ミクロコスモス) フィボナッチ数、リュカ数、黄金分割日本評論社、2008年1月25日、改訂版、87頁。ISBN 978-4-535-78492-5
  3. ^ Gridgeman, N (1963), “The search for perfect numbers”, The New Scientist (334): 86–88, http://books.google.com/books?id=0Dta7OkNhyoC&lpg=PA87&dq=cole%20%22years%20of%20sundays%22&pg=PA87#v=onepage&q=cole%20%22years%20of%20sundays%22&f=false 

外部リンク[編集]