1997年の韓国シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

1997年の韓国シリーズ

概要[編集]

1997年韓国シリーズは、公式戦1位のヘテ・タイガースと同2位のプレイオフ勝者LGツインズの間で2-2-3の7戦4勝制で行われ、ヘテ・タイガースが4勝1敗で優勝した。へテは2年連続の9度目の優勝。これで、ヘテは2連覇以上を2度も達成したことになるが、このときまで韓国プロ野球ではヘテ・タイガース以外は、2連覇を達成した球団もなく、2度優勝を記録したチームが三つあるだけだった。また、ヘテは韓国シリーズ9度出場で1度の敗退もなく全部優勝、このチームがどれだけ強かったかを示す一例だと言える。

しかし、翌年からアジア経済危機で親会社のヘテ・グループが経営難に陥り、主力選手の現金トレードで球団の運営費に充てることなどで急速な弱体化が進められた。以後、低迷期が続いて、2001年起亜自動車に球団を売却して起亜タイガースとして現在にいたる。これがヘテ・タイガースとして最後の優勝で最後の韓国シリーズでもあった。

起亜に売却されては、チームの運営は安定され、弱体化した戦力の補強もそれなりに進められた。しかし、1998年から2008年にかけてタイガースは優勝はおろかポストシーズンでの敗退を繰り返し、韓国シリーズ出場すらできなかった上に、ヘテ時代は1度もなかったシーズン最下位を2度も記録し低迷が続いた。2009年、起亜は久しぶりの快進撃で12年ぶりに公式戦優勝を達成、韓国シリーズ出場を決め、ヘテ時代からのファンたちを熱狂させた。


ステージ 勝利チーム 成績 星取表 敗戦チーム
準プレーオフ 三星ライオンズ(公式戦4位) 2勝1敗 ○●○ サンバンウル・レイダース(公式戦3位)
プレーオフ LGツインズ(公式戦2位) 3勝2敗 ○○●●○ 三星ライオンズ(公式戦4位)
韓国シリーズ ヘテ・タイガース(公式戦1位) 4勝1敗 ○●○○○ LGツインズ(公式戦2位)

準プレイオフ[編集]

第1戦 10月6日・全州公設運動場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
三星ライオンズ 0 1 1 1 0 0 2 0 0 5
サンバンウル・レイダース 0 0 2 0 0 0 0 1 1 4
  1. : 金相燁(キム・サンヨプ、1-0)  : 金玄旭(キム・ヒョヌク、0-1)  S: 朴東煕(パク・ドンヒ、0-0-1s)  
  2. :  三星 – 申東宙(シン・ドンジュ、7回表、2ラン)

第2戦 10月7日・大邱市民運動場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
サンバンウル・レイダース 1 0 0 1 1 0 0 0 0 3
三星ライオンズ 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
  1. : 成英在(ソン・ヨンジェ、1-0)  : 金泰漢(キム・テハン、0-1)  S: 崔正換(チェ・ジョンファン、0-0-1s)  
  2. :  サンバンウル – 趙原佑(チョ・ウォヌ、1回表、ソロ)  三星 – 申東宙(7回裏、ソロ)

第3戦 10月9日・全州公設運動場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
三星ライオンズ 0 0 0 1 0 0 3 0 0 4
サンバンウル・レイダース 0 0 2 0 0 0 1 0 0 3
  1. : 金相燁(2-0)  : 金玄旭(0-2)  S: 田炳浩(チョン・ビョンホ、0-0-1s)  
  • 三星ライオンズ2勝1敗でプレイオフ進出

プレイオフ[編集]

第1戦 10月11日・蚕室野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
三星ライオンズ 0 0 0 3 0 0 1 0 1 5
LGツインズ 0 1 0 4 1 0 5 0 X 11
  1. : 車明錫(チャ・ミョンソク、1-0)  : 成埈(ソン・ジュン、0-1)  
  2. :  三星 – 金翰秀(キム・ハンス、4回表、ソロ) 、柳仲逸(リュ・ジュンイル、7回表、ソロ)、李萬洙(イ・マンス、9回表、ソロ)  LG – 柳志炫(ユ・ジヒョン、4回裏、満塁)、金東洙(キム・ドンス、5回裏、ソロ)

第2戦 10月12日・蚕室野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
三星ライオンズ 0 1 0 0 0 0 0 4 0 5
LGツインズ 0 0 2 1 0 1 0 0 2x 6
  1. : 李尚勲(イ・サンフン、1-0)  : 朴東煕(パク・ドンヒ、0-1)  
  2. :  三星 – 申東宙(シン・ドンジュ、8回表、3ラン)

第3戦 10月14日・大邱市民運動場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
LGツインズ 0 1 0 0 0 0 0 3 0 4
三星ライオンズ 2 0 1 2 0 0 0 1 X 6
  1. : 金相燁(キム・サンヨプ、1-0)  : 孫奕(ソン・ヒョク、0-1)  S: 卞大洙(ビョン・デス、0-0-1s)  
  2. :  LG – 申國煥(シン・グックァン、2回表、ソロ)、金東洙(8回表、2ラン)  三星 – 崔益誠(チェ・イクソン、3回裏、ソロ)

第4戦 10月15日・大邱市民運動場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
LGツインズ 0 0 0 0 0 3 1 0 0 4
三星ライオンズ 1 0 0 2 0 0 3 0 X 6
  1. : 金泰漢(キム・テハン、1-0)  : 李尚勲(1-1)  
  2. :  三星 – 李承燁(イ・スンヨプ、1回裏、ソロ)、崔益誠(7回裏、2ラン)

 第5戦 10月17日・蚕室野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
三星ライオンズ 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
LGツインズ 0 0 0 0 0 6 1 0 X 7
  1. : 李尚勲(2-1)  : 田炳浩(チョン・ビョンホ、0-1)  
  2. :  三星 – 崔益誠(1回表、ソロ)
  • LGツインズ3勝2敗で韓国シリーズ進出

韓国シリーズ[編集]

第1戦 10月19日・蚕室野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ヘテ・タイガース 0 0 1 0 1 1 0 2 1 6
LGツインズ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
  1. : 李大振(イ・デジン、1-0)  : 金龍洙(キム・ヨンス、0-1)  S: 林昌勇(イム・チャンヨン、0-0-1s)  
  2. :  ヘテ – 李鍾範(イ・ジョンボム、5回表、ソロ)  LG – 朴鍾皓(パク・ジョンホ、6回表、ソロ)

第2戦 10月20日・蚕室野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ヘテ・タイガース 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
LGツインズ 0 0 0 5 5 0 0 0 X 10
  1. : 林仙東(イム・ソンドン、1-0)  : 李強喆(イ・ガンチョル、0-1)  

第3戦 10月22日・光州無等総合競技場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
LGツインズ 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
ヘテ・タイガース 0 0 0 0 0 1 2 2 X 5
  1. : 姜泰遠(カン・テウォン、1-0)  : 李尚勲(イ・サンフン、0-1)  S: 林昌勇(0-0-2s)  
  2. :  ヘテ – 李鍾範(6回裏、ソロ、7回裏、2ラン)

第4戦 10月23日・光州無等総合競技場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
LGツインズ 1 1 0 0 0 0 0 0 2 4
ヘテ・タイガース 0 1 1 1 0 0 4 0 X 7
  1. : 李大振(2-0)  : 金龍洙(0-2)  S: 林昌勇(0-0-3s)  
  2. :  ヘテ – 洪弦佑(ホン・ヒョヌ、2回裏、ソロ)、金昌煕(キム・チャンヒ、4回裏ソロ)、金鍾國(キム・ジョングク、7回裏、2ラン)

第5戦 10月25日・蚕室野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
LGツインズ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
ヘテ・タイガース 0 0 2 1 3 0 0 0 X 6
  1. : 金相辰(キム・サンジン、1-0)  : 林仙東(1-1)  
  • ヘテ・タイガース4勝1敗で韓国シリーズ優勝
  • MVP: 李鍾範(イ・ジョンボム、遊撃手、ヘテ)17打数5安打、打率0.294、3本塁打、4打点、2盗塁、6得点