1987年の韓国シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1987年の韓国シリーズ

概要[編集]

1987年韓国シリーズは、前後期1位で韓国シリーズに直行した三星ライオンズと後期2位でプレイオフ勝者のヘテ・タイガースのリターンマッチで2-2-3の7戦4勝制で行われヘテ・タイガースが4連勝で2年連続の3度目の優勝でタイトル防衛に成功した。同じ顔合わせの2年連続韓国シリーズも、同じチームの2年連続及び3度目の優勝も、シリーズでのストレート勝ちでの優勝も初めての出来事だった。

この年の韓国シリーズはヘテと三星の同じ顔合わせで、行われたが立場は前年とまったくの逆であった。三星がさらに強化された攻撃力で前後期ともに1位で終了して韓国シリーズ直行を決めた反面、前年韓国シリーズに直行したヘテ・タイガースは、後期リーグ2位の成績でプレイオフに回り、2年連続でプレイオフに進出したOBベアーズ相手に王手を掛けられ、最終戦まで行く苦戦の末、シリーズ進出を決めた。

この年の三星は前年まで左のエースだった金日融(キム・イリュン)が日本プロ野球に復帰して、投手力の低下が懸念された。しかし、前年の韓国シリーズ敗退で契約を延長しない形で退いた金永徳(キム・ヨンドク)監督の後任で強打者出身の朴永吉(パク・ヨンギル)を監督に迎え、攻撃力の強化を通じて公式戦では前年より成績を上げ韓国シリーズ直行を決めた。

この年の三星の打線はすさまじい物で、打率3割8分7厘で首位打者になった張孝祚(チャン・ヒョジョ)を筆頭にチーム打率がちょうど3割を記録、今まで1シーズンにおけるチーム打率の韓国最高記録とであり、唯一のシーズンチーム打率3割として残っている。一方、ヘテタイガースはシーズン24勝、防御率0.89を記録したエース宣銅烈がシリーズ直前、故障で出場が不透明という報道がなされた。また、シーズン対決でも三星は前年の6勝11敗1分けから9勝9敗と好転されており、今年こそ三星のリベンジかと思われた。
結局宣銅烈はシリーズ中1試合登板に終わったが、この年も前年の韓国シリーズのMVPだった左腕の金正洙(キム・ジョンス)が宣銅烈に代わる大活躍で2勝を挙げ、シリーズ男の名声を確認させるなど、投手陣が宣銅烈の穴を埋めながら、三星が誇った3割打線を封じ込んで投打に掛けて三星を圧倒。中立地域のソウルまでシリーズを移すことなく、ホームのファンの前で胴上げを見せることが出来た。

一方、三星の投手陣は金日融(キム・イリュン)の抜けた空白が埋められず、ヘテの打線に打ち込まれ1勝も出来ずに4連敗。その中でも、金日融の代わりに青宝ピントゥスからトレードで獲得した金基泰(キム・キテ)が期待以下の投球で終わったことや、前年までシリーズ通算0勝5敗で不振だった右のエース金始眞(キム・シジン)がまた2敗を追加するに止まったことで投手力の劣勢をまた痛感した。韓国シリーズで1勝も出来ずに敗退したのは、1983年のMBC青龍の例もあるが、ストレート負けで第4戦でシリーズが終了したのはこれが初めてであった。三星は前年にも増して、期待の大きさほど、更なる屈辱を味わいながら、韓国プロ野球が始まって、6年で4度も韓国シリーズ敗退という厳しい現実に苛立ちを募らせる結果に終わった。


ステージ 勝利チーム 成績 星取表 敗戦チーム
プレーオフ ヘテ・タイガース(後期2位) 3勝2敗 ○●●○○ OBベアーズ(前期2位)
韓国シリーズ ヘテ・タイガース(後期2位) 4勝 ○○○○ 三星ライオンズ(前期1位、後期1位)

プレイオフ[編集]

この年のプレイオフのヘテ主催の試合は、プレイオフ期間中、本拠地である光州で全国体育大会行われたためホーム球場である無等球場を使用できなかった。それで、準本拠地であった全州球場でプレイオフの主催試合が行われた。なお、韓国シリーズは全国体育大会が終わった後で開かれたので、光州で行うことは出来たが、プレイオフ終了と韓国シリーズ開幕まで10日が開くことになった。


第1戦 10月7日・蚕室野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヘテ・タイガース 0 4 3 0 1 2 1 0 0 11 13 0
OBベアーズ 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2 9 6
  1. : 金大鉉(キム・デヒョン、1-0)  : 崔一彦(チェ・イロン、0-1)  
  2. :  ヘテ – 韓大化(ハン・デファ、3回表、2ラン)

第2戦 10月8日・蚕室野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヘテ・タイガース 0 0 0 2 0 0 0 1 0 3 11 1
OBベアーズ 3 0 0 0 1 3 1 2 X 10 15 0
  1. : 朴哲淳(パク・ショルスン)  : 車東哲(チャ・ドンチョル、0-1)  S: 尹錫環(ユン・ソクファン、0-0-1s)  
  2. :  ヘテ – 金城漢(キム・ソンハン、8回表、ソロ)

第3戦 10月10日・全州公設運動場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
OBベアーズ 0 0 0 0 1 0 0 3 0 4 7 0
ヘテ・タイガース 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 5 0
  1. : 崔一彦(1-1)  : 金正洙(キム・ジョンス,0-1)  

第4戦 10月11日・全州公設運動場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
OBベアーズ 0 1 1 0 0 0 0 0 1 0 3 9 1
ヘテ・タイガース 0 0 0 0 0 1 0 1 1 1x 4 13 1
  1. : 金大鉉(2-0)  : 崔一彦(1-2)  

第5戦 10月12日・全州公設運動場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
OBベアーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1
ヘテ・タイガース 0 0 1 0 2 0 1 0 X 4 10 0
  1. : 車東哲(1-1)  : 尹錫環(ユン・ソクファン、0-1-1s)  
  2. :  ヘテ – 白仁浩(ペク・インホ、5回裏、2ラン)
  • ヘテ・タイガースが3勝2敗で韓国シリーズ進出

韓国シリーズ[編集]

第1戦 10月21日・大邱市民運動場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヘテ・タイガース 3 0 0 0 0 0 0 2 0 5 7 0
三星ライオンズ 1 1 0 0 0 0 0 0 1 3 11 2
  1. : 車東哲(チャ・ドンチョル、1-0)  : 金始眞(キム・シジン、0-1)  
  2. :  ヘテ – 韓大化(ハン・デファ、1回表、2ラン)、金城漢(キム・ソンハン、8回表、ソロ)

第2戦 10月22日・大邱市民運動場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヘテ・タイガース 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2 5 1
三星ライオンズ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4 1
  1. : 金正洙(キム・ジョンス,1-0)  : 金基泰(キム・キテ、0-1)  S: 宣銅烈(0-0-1s)  

第3戦 10月24日・光州無等総合競技場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
三星ライオンズ 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5 1
ヘテ・タイガース 0 0 2 1 1 0 0 0 X 4 9 1
  1. : 文煕秀(ムン・ヒス、1-0)  : 権永浩(クォン・ヨンホ、0-1)  S: 車東哲(1-0-1s)  
  2. :  三星 – 李萬洙(イ・マンス、1回表、2ラン)  ヘテ – 金準桓(キム・ジュンファン、4回裏、ソロ)

第4戦 10月25日・光州無等総合競技場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
三星ライオンズ 0 1 0 0 1 0 0 0 0 2 7 2
ヘテ・タイガース 0 2 0 1 3 3 0 0 X 9 14 1
  1. : 金正洙(2-0)  : 金始眞(0-2)  
  2. :  ヘテ – 金準桓(2回裏、2ラン)
  • ヘテ・タイガース4勝で韓国シリーズ優勝
  • MVP-金準桓(キム・ジュンファン、外野手、ヘテ)12打数6安打、打率0.500、2本塁打、4打点