齋藤達則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
齋藤 達則
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県
生年月日 (1984-01-29) 1984年1月29日(37歳)
身長
体重
172 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

齋藤 達則(さいとう たつのり、1984年1月29日 - )は、日本の元社会人野球選手(内野手)である。現役時代はJR東日本硬式野球部所属し、背番号3であった。

来歴[編集]

千葉県出身。日大三高では3年の春・夏に連続して甲子園出場。春の甲子園ではホームランを記録し、夏の甲子園では全国制覇を遂げている。2002年明治大学へ進学。2004年春季リーグ(3年次)には優勝を経験した。2005年春季リーグ(4年次)には首位打者を獲得し、ベストナインにも選ばれた。
2006年JR東日本へ入社。堀井哲也監督の方針から従来の一塁手に加えて二塁手でも出場機会を得てレギュラーを獲得した。第78回都市対抗野球大会2007年)ではチーム初の準優勝を経験した。2009年シーズンから主将に就任してチームをまとめる。

第82回都市対抗野球大会2011年)の2回戦(対ヤマハ戦)、二塁から打者のヒットでホームに生還しようと三塁を回ったところで左太ももの肉離れに見舞われ途中退場した。チームはその後勝ち進み初優勝を遂げる。齋藤は決勝戦後の表彰式でチームメイトの介助を受け、松葉杖を使いながら黒獅子旗を受け取った。2012年シーズンは試合に出場せずリハビリに費やし、2013年2月に実戦復帰した。

資料出所[編集]