黄道十二宮 (絵画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『黄道十二宮』
フランス語: Zodiac
Alphonse Mucha - Zodiac.jpg
作者 アルフォンス・ミュシャ
製作年 1896年[1]
種類 リトグラフ
寸法 65.7 cm × 48.2 cm (25.9 in × 19.0 in)

黄道十二宮』(こうどうじゅうにきゅう、: Zodiac)は、アルフォンス・ミュシャ1896年に描いた絵画

横を向いている女性が中心に描かれており、その周りには、西洋占星術における12星座が描かれている。横から見た顔を描くことによって、美しい装飾をもった髪飾りが画面の中心に配置されている。華麗な装飾と印象的な女性とを組み合わせた作風は、「ミュシャ様式」と呼ばれている[2]

本作は、もともとシャンプノワという印刷業者によって1897年用のカレンダーのために依頼されたものである。その後すぐに、『ラ・プリュム』という雑誌の編集者によってその年のカレンダーに使用された。その後も何度も流用され、様々なバージョンが登場した。少なくとも9種類のバリエーションがあるとされている[3]

基本的には下段の枠の中にが印刷されて用いられたが、その部分に翼を有した智天使(ケルビム)が描かれた特別なバージョンもあり、それは装飾パネルとして製作された[4]

本作は、ミュシャの代表作で、女性の優美な横顔と、滑らかで麗しい線による装飾が見事に調和しており、華々しい雰囲気が好まれたためか、最も人気の高いデザインのひとつとなっている[4]

本作のように、ミュシャの作品には、当初はポスターまたはカレンダーとして製作されながら、デザインの人気が高かったために、後に装飾パネルとして売りに出されたものがあり、そうした作品の例としては、他に『夢想』(1897年)などが挙げられる[4]

本作は、アメリカのロックバンド、ジプシー (en:Gypsy (band)) が1970年に発売したアルバム『ジプシー』 (en:Gypsy (Gypsy album)) などに採用されている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『芸術新潮』 2017, p. 64.
  2. ^ 作品紹介”. 北海道新聞. 2019年4月12日閲覧。
  3. ^ 展示”. プラハ・ミュシャ美術館. 2019年4月12日閲覧。
  4. ^ a b c 『もっと知りたいミュシャ』 2007, p. 18.
  5. ^ ロックのアート・ワークに与えた影響”. 日本テレビ. 2019年6月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 千足伸行『もっと知りたいミュシャ 生涯と作品』東京美術、2007年。ISBN 978-4-8087-0832-0
  • 芸術新潮』第68巻第3号、新潮社、2017年3月。