麦倉忠彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

麦倉 忠彦(むぎくら ただひこ、1935年 - )は、日本彫刻家九州産業大学大学院芸術研究科教授。

経歴[編集]

埼玉県草加市出身。1954年埼玉県立春日部高等学校卒業。1959年東京芸術大学芸術学部彫刻科卒業。1961年東京芸術大学研究科彫刻専攻修了。同大学研究室副手。 1963年日本美術家連盟会員に推挙。アメリカ合衆国サウスダコタ州K・ジョーロコフスキー彫刻研究所に留学。1968年新制作協会会員に推挙。1997年新宿パークタワー・ギャラリー1にて東京ガス都市開発主催による記念個展を開催。1999年新制作協会委員長。2000年草加市文化会館にて草加市文化賞受賞記念展開催。その後、埼玉県美術家協会運営審査員を歴任。現在、九州産業大学大学院教授、共立女子大学講師。

受賞歴[編集]

  • 1963年 安宅賞・新制作協会新作家賞。
  • 1999年 草加市文化賞

代表的な作品[編集]

  • 『伸びる根』(1977年)東邦大学医療センター大森病院
  • 『松庵芭焦翁像』(1989年)(奥の細道旅立ち300年記念)草加宿札場河岸公園
  • 『アコちやん』『おせんさん』(1991年草加駅前アコス広場
  • 『Afternoon』(1999年)(春日部高校100周年記念)埼玉県立春日部高等学校
  • 『花の雲』(2002年)サトエ記念21世紀美術館

著書[編集]

  • 『草加はみんなエメラルド』(2001年、蔵書房)

外部リンク[編集]