鹿島勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鹿島 勇(かしま いさむ、1947年10月7日[1] - )は、日本の歯科医師歯学者神奈川歯科大学理事長。デジタルX線画像情報や骨粗鬆症の研究で知られる。

経歴[編集]

宮崎県門川町出身。神奈川歯科大学大学院を卒業。1980年よりカリフォルニア大学ロサンゼルス校に留学。1982年、アメリカ顎顔面放射線専門医認定試験に合格。1990年、神奈川歯科大学放射線学教室教授となる。

1979年神奈川歯科大学 歯学博士 論文の題は「動物腫瘍への67Ga取り込みに及ぼす放射線照射の影響」[2]

NASA宇宙開発事業団との共同研究で宇宙ステーションミールでのカエルの実験、宇宙から持って帰ったイモリヒヨコの骨の解析を行った。[3]

所属学会[4][5][編集]

 

著書[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『歯学研究者名鑑2005年版』監修 日本歯科医学会口腔保健協会東京都豊島区、2005年3月30日、第1版第1刷。ISBN 4-89605-209-9

外部リンク[編集]