鴨脚克子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鴨脚 克子(いちょう かつこ、文化13年2月1816年) - 明治16年(1883年10月5日)は、孝明天皇女官。(加茂社参照)

生涯[編集]

父は加茂社司・鴨脚光陳、母は行事知昌の娘。宮中では能登局、竹命婦と称し、後年は岩瀬と改名した。

京都に生まれ、天保元年(1831年)宮中に出仕し、天保5年(1834年女蔵人万延元年(1860年命婦となった。

文久元年(1861年庭田嗣子らとともに孝明天皇の皇妹和宮付きとなり、その江戸降嫁に従って江戸城大奥に入った。慶応3年(1867年)帰京を許されて命婦に復帰。

以後は明治天皇に仕え、明治2年(1869年)三命婦、明治4年(1871年)二命婦となるが、明治5年(1872年)宮中改革によって隠居を命じられ、京都に戻った。(加茂社参照)

家系 [編集]

鴨社(下鴨社・下賀茂社・賀茂御祖神社)の宮司・神主を務める家。

河合神職鴨県主系図・鴨氏世譜等によれば、大伊乃伎命之子は、鴨建玉依彦命の十一世の苗裔とある。 幕末公家集成によれば、家名は鴨脚(イチョウ)を称した。 

※参考文献・・・「河合神職鴨県主系図」、「系図纂要」 鴨 祐有 [生没年不明]

応永2(1395)年7月18日叙従三位。 応永3(1396)年以降、不見。 鴨 秀政 [生没年不明]

延宝元(1673)年12月29日叙従三位。 延宝4(1676)年以降、不見。 鴨 永祐 [慶長15(1610)年11月2日〜元禄6(1693)年9月19日] 祐豊男(実祐俊男)。

延宝5(1677)年4月12日叙従三位。 貞享4(1687)年以降、不見。

※鴨県主系図・系図纂要によれば、改名祐永で、玉松丸の男。 鴨 春光 [生没年不明]

延宝9(1681)年8月10日叙従三位。 貞享4(1687)年以降、不見。 鴨 季治 [ 元和7(1621)年 〜 貞享5(1688)年正月16日 ]

貞享4(1687)年2月29日叙従三位。

鴨 惟貞 [ 寛永16(1639)年 〜 元禄9(1696)年6月12日 ]

元禄6(1693)年4月15日叙従三位。

鴨 光行 [ 慶安3(1650)年 〜 元文元(1736)年8月5日 ]

元禄15(1702)年3月16日叙従三位。 正徳2(1712)年2月25日叙正三位。 鴨 久祐 [ 明暦3(1657)年5月3日 〜 享保元(1716)年7月20日 ] 祐陽男。

宝永3(1706)年4月1日叙従三位。

鴨 祐之 [ 万治3(1660)年7月10日 〜 享保9(1724)年正月29日 ] 永祐男。

享保元(1716)年叙従三位。 享保8(1723)年12月26日叙正三位。 鴨 秀久 [ 明暦2(1656)年 〜 元文2(1737)年11月8日 ]

元文元(1736)年11月21日叙従三位。

鴨 秀隆 [ 延宝7(1679)年 〜 宝暦8(1758)年10月30日 ]

元文3(1738)年12月24日叙従三位。 寛延2(1749)年2月27日叙正三位。 鴨 俊永[ 正徳2(1712)年 〜 天明5(1785)年2月18日 ]


寛延2(1749)年正月25日叙従三位。 従二位・非参議。 鴨 秀長[ 享保5(1720)年 〜 文化4(1807)年2月4日 ]


宝暦14(1764)年3月24日叙従三位。 従二位・非参議。

※幕末公家集成によれば、妻は医師田口正胤女。 鴨 俊春[ 享保19(1734)年 〜 天明5(1785)年11月28日 ]


明和7(1770)年2月25日叙従三位。 正三位・非参議。 鴨 光条[ 享保12(1727)年 〜 天明8(1788)年9月24日 ]


明和8(1771)年8月20日叙従三位。 正三位・非参議。 鴨 祐喜[ 享保18(1733)年 〜 ? ]


安永8(1779)年正月22日叙従三位。 寛政2(1790)年4月25日返上位記。 正三位・非参議。 鴨 広宇(改名祐保)[ 寛保元(1741)年 〜 文化8(1811)年5月18日 ]


寛政元(1789)年4月5日叙従三位。 正三位・非参議。 鴨 秀豊[ 宝暦6(1756)年 〜 天保8(1837)年7月27日 ] 秀長男〔幕末公家集成〕。母医師田口正胤女〔幕末公家集成〕。

寛政5(1793)年3月28日叙従三位。 従二位・非参議。 鴨 春武[ 明和7(1770)年 〜 文政11(1828)年10月14日 ]


文化11(1814)年2月11日叙従三位。 正三位・非参議。 鴨 祐熈[ 明和7(1770)年 〜 文政5(1822)年4月29日 ]


文政5(1822)年4月26日叙従三位。 従三位・非参議。 鴨 光陳[ 天明元(1781)年 〜 天保7(1836)年8月5日 ] 能登守光増男〔幕末公家集成〕。

母分部若狭守家臣湯浅市左衛門女〔幕末公家集成〕。 

文政9(1826)年正月12日叙従三位。 正三位・非参議。御祖社権祝。

※幕末公家集成によれば、妻は行事官大和守知昌女。

和宮に京方女房として仕えた〔〔鴨脚克子〕〕〔能登局〕の父。

鴨 祐持[ 安永6(1777)年 〜 安政4(1857)年9月10日 ]


文政11(1828)年12月18日叙従三位。 従二位・非参議。御祖社正禰宜。 鴨 俊益[ 寛政9(1797)年 〜 ? ]


天保8(1837)年9月13日叙従三位。 明治元年時、従二位・非参議。御祖社正禰宜。 鴨 光連[ 明和2(1765)年 〜 天保13(1842)年7月10日 ]


天保13(1842)年7月5日叙従三位。 従三位・非参議。御祖社権祝。 鴨 秀静[ 文化4(1807)年 〜 ? ]


天保14(1843)年正月12日叙従三位。 明治元年時、従二位・非参議。御祖社正祝。 鴨 光寛[ 文化11(1814)年 〜 文久4(1864)年2月15日 ] 光陳男〔幕末公家集成〕。

嘉永3(1850)年12月19日叙従三位。 正三位・非参議。御祖社権祝。 鴨 俊彦[ 天保4(1833)年 〜 ? ]


元治元(1864)年7月10日叙従三位。 明治元年時、従三位・非参議。御祖社権禰宜。 鴨 秀文[ 天保4(1833)年 〜 ? ] 秀静男〔幕末公家集成〕。

元治元(1864)年7月10日叙従三位。 明治元年時、従三位・非参議。河合社祝。 (加茂社参照)