鳥海月山両所宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鳥海月山両所宮
鳥海月山両所宮
所在地 山形県山形市宮町3-8-41
位置 北緯38度16分15.34秒
東経140度20分13.86秒
主祭神 倉稲魂命
月夜見命
社格 県社・別表神社
創建 康平6年(1063年)
例祭 8月1日
主な神事 ごくだめし
テンプレートを表示

鳥海月山両所宮(ちょうかいがっさんりょうしょぐう[1])は、山形県山形市にある神社である。旧社格は県社で、現在は神社本庁別表神社。別称 吉事宮武門吉事宮

鳥海山鳥海山大物忌神社)の神の倉稲魂命と、月山出羽三山)の神の月夜見命を祀る。

歴史[編集]

社伝では、源頼義安倍貞任討伐にあたって飽海郡吹浦の鳥海山両所神社で鳥海・月山の両神に戦勝祈願に戦勝を祈願し、勝利したので、康平6年(1063年)、その報賽として最上郷山形に社殿を造営して分霊を勧請し、国家泰平・武門吉事の神と称したのに始まると伝える。

天正年間(1573年 - 1591年)、当地の領主・最上義光は、従来の祠官を廃して真言宗成就院を別当と定め、社領を寄進した。以降、最上氏の崇敬社となり、江戸時代には歴代山形藩主の鳥居氏水野氏の崇敬を受けた。

明治6年(1873年)に郷社に列し、明治12年(1879年)8月に県社に昇格した。昭和36年(1961年)に別表神社に加列された。

祭事[編集]

特殊神事として「ごくだめし(穀様)」がある。これは、旧暦7月1日早朝に飯・胡瓜・茄子・粟穂・稲穂を紙に包んで土中に埋め、翌年の旧暦6月末日に掘り出して豊凶を占うものである。

また8月1日には例大祭と呼ばれる祭事があり、「鳥海」と「月山」という二つの神輿を神輿団体「随神会」などが担いで宮町や銅町周辺を練り歩き祭りを大いに盛り上げる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山形県神社庁による紹介