鳥居清倍 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二代目市川海老蔵の役者絵(演目名・役名不明)。二代目清倍画。

二代目 鳥居清倍(にだいめ とりい きよます、宝永3年〈1706年〉 - 宝暦13年11月2日1763年12月6日〉)とは、江戸時代中期の浮世絵師。鳥居家二代目。

来歴[編集]

初代鳥居清信の門人。俗称、半三郎。享保9年(1724年)清信の娘婿となり、翌享保10年(1725年)以降2代清倍を称して作品を宝暦13年まで出し続けた。初代清信及び初代鳥居清倍の影響を受けた画風で、鳥居家のお家芸である役者絵及び美人画を描いたが、初代鳥居清倍の張りと気品に比べるとやや劣る。初代清信とともに『頼光一代記』に挿絵を描いたのが最初と見られ、役者絵では丹絵紅絵漆絵紅摺絵の各時代のものが残っている。絵は滑らかとはいえず特に紅摺絵における硬い線が目立つが、漆絵は渋味があって賞賛に値する。また浮絵の作品も手がけており、「近江八景」のシリーズは知られている。享年58。墓所は初代清倍と同じく豊島区染井墓地。法名は清巌院宗林日浄信士。

かつては二代目島居清信と同一人物とされていたが、家系図、画譜、作品を比較検討すると無理であるという。門人に鳥居清満がいる。一説には鳥居清広が門人であったとも言われる。

作品[編集]

  • 「二代目市川団十郎と市川升五郎」 細判 漆絵 城西大学水田美術館所蔵
  • 「瀬川菊次郎」 細判 漆絵 城西大学水田美術館所蔵
  • 「瀬川菊次郎四季のおどり」 細判 漆絵 城西大学水田美術館所蔵
  • 「瀬川菊次郎の四季のおどり」 細判 漆絵 キヨッソーネ東洋美術館所蔵
  • 「初世荻野伊三郎の曾我五郎」
  • 「瀬川菊次郎のしろきやおくま」 細判 漆絵 ホノルル美術館所蔵 1737年
  • 「瀬川菊次郎の白木屋おとら」 細判 漆絵 ホノルル美術館所蔵 
  • 「惶弓勢源氏」 大判 紅摺絵 宝暦元年

参考文献[編集]

関連項目[編集]