鳥居清倍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
市川団十郎の竹抜き五郎。鳥居清倍画。

鳥居 清倍(とりい きよます、元禄7年〈1694年〉? - 享保3年〈1718年〉?)とは、江戸時代初期の浮世絵師

来歴[編集]

生年については元禄5年〈1692年〉ともいわれ、『鳥居画系譜稿』では生年を元禄4年〈1691年〉とする。鳥居派を代表する浮世絵師のひとりであり、鳥居派の祖といわれる鳥居清信の長男とも、また弟ともいわれているがそれを確定する資料はない。通称は庄二郎。あまり詳しいことがわかっていないが宝永7年(1710年)頃から享保3年(1718年)頃にかけて活躍したと見られ、主要な作品は正徳年間に多く集中しており、主に丹絵漆絵役者絵美人画の他、花鳥画武者絵七福神などを描いている。強い清信の画風を完成させる一方、艶麗柔軟な作品も残す。例えば「日本嬋娟画」と肩書きをつけて女形の作品を描くなど、新しい境地を開拓しつつあった。鳥居派の代表的な画法「ひょうたん足みみず描き」(瓢箪足蚯蚓描)を大成したともされ、代表作には「市川團十郎の竹抜き五郎」、「草摺引」、「市川團十郎の暫」、「市川團十郎・山中平九郎の象引」等があげられる。清倍は肉筆画も手がけており、肉筆美人画では、宝永-正徳期の作品「見立紫式部図」(出光美術館所蔵)が良く知られている。

没年は正徳6年(1716年)とも、または享保3年ともいわれておりこれも詳らかではない。墓所は豊島区の染井墓地、法名は一山道無宗林日浄信士。忌日は5月25日。清倍の名を継いだ二代目鳥居清倍宝永3年〈1706年〉 - 宝暦13年11月2日1763年12月6日[1])は清信の女婿である。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日経アート 1995年10月号

参考文献[編集]

  • 藤懸静也 『増訂浮世絵』 雄山閣、1946年 51〜52頁 ※近代デジタルライブラリーに本文あり。
  • 吉田漱 『浮世絵の見方事典』 北辰堂、1987年
  • 稲垣進一編 『図説浮世絵入門』〈『ふくろうの本』〉 河出書房新社、1990年
  • 小林忠 『肉筆浮世絵大観(3) 出光美術館』 講談社、1996年

関連項目[編集]