鮭延城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鮭延城(さけのべじょう)は、山形県最上郡真室川町内町にあった日本の城。形式は山城である。真室城とも言われていた。

歴史・沿革[編集]

室町時代 - 安土桃山時代[編集]

永禄年間に建立されたといわれているが、城を築城したはっきりとした年は分かっていない。当城の主たる鮭延氏は、現在の山形県戸沢村にあった岩鼻館に居していた佐々木氏(近江源氏)といわれている。

小野寺氏の戦国時代の中期頃の最大版図は出羽国中部、今で言う秋田県雄勝一帯、仙北地域南部、山形県最上地域北部あたりであり、さらには秋田県由利地域の由利十二頭などの周辺国人にも影響や脅威をもたらしていた。

天文年間(1532年 - 54年)に小野寺景道の時代に、大宝寺氏武藤氏)や最上氏と領有を争っていた最上地方全域の領有を図るため、佐々木貞綱(鮭延貞綱)を遣わし、当初は、鮭川最上川が交わる岩花城(現戸沢村)に入ったが、永禄6年(1563年)の庄内合戦の時に、大宝寺氏との戦いの敗れて岩花城を落とされてしまったため、岩花の北方、真室郷まで後退し、天然の要害である鮭延の地に城を築いたとされる。鮭川を見下ろす山頂に城郭を築き、その周囲に濠や柵を構えた難攻不落の城であり、この築城を機に佐々木氏は地名に倣って鮭延氏と称する。鮭延城は、小野寺氏の南の拠点として、最上北部の領国経営を行うこととなった。

天正9年(1581年)、最上義光によって鮭延城を攻められる。城主であった鮭延貞綱の子鮭延秀綱は、一度は抵抗したものの最終的に降伏する。しかし、領土を安堵されたため最上義光に恭順、鮭延城は小野寺氏から最上氏の城へと変わり、最上氏の大宝寺氏・小野寺氏攻略の拠点となる。鮭延秀綱は最上義光に仕え続け、長谷堂城の戦いでは目覚しい活躍を見せたため、戦後の論功行賞により1万1,500石を与えられた。

江戸時代[編集]

江戸時代に入り、最上氏で家督相続にまつわるお家騒動(最上騒動)が起こると、元和8年(1622年)に最上氏は改易され、近江大森藩に移された。鮭延秀綱は佐倉藩主・土井利勝の元に預かりとなり、最終的に土井氏の国替えに従って古河へと去り、当地にて没した。

最上氏の知行地は分割され、最上地方には、常陸松岡藩主・戸沢政盛が入部し、6万石を賜る。当初は本城に入ったが、山城であったため狭隘かつ不便で、幕藩体制下の領国経営には適さなかったため、沼田の地にあった小城、沼田城を元に新庄城を築城し、それが完成すると新庄城へと移り、新庄藩を立藩する。これにより、鮭延城は廃城になり、城は破壊されて放置された。

遺構[編集]

本丸跡とされる場所を示す石碑等が設置されている場所以外は藪や森林となっている。

本丸跡とされる郭跡の西には、断崖、JR東日本奥羽本線、県道、一級河川鮭川が東側から順に隣り合うように連なっており、郭跡から鮭川河川敷まではわずかな距離しかなく、かつてこの場所が相応の要害であることは容易に体感できる。 また、その石碑等から東に行くと、さらにその先に続く台地と城域を区切るためと思われる、二重(跡が明瞭でないものもあり、それ以上の堀があった可能性もある)の空堀とそれに付随する土塁、虎口と思われる遺構らしきものはあるが、学術調査が行われたかは不明のため断定はできない。 なお、本丸とされる石碑等のある郭跡とJR東日本奥羽本線の間の断崖はコンクリートによる防壁が設置されていること、空堀跡と思われる場所の近辺には小さいとは言え墓地もあることから、鉄道敷設の際の大きな改変、地域における長い生活の中における、小さいとは思われるが改変のおそれが指摘できる。

当該遺構については、「関ヶ原の戦い以降、元は敵対する小野寺氏の家臣であった武将にありながら、小大名並みの1万石以上の領地を治める家臣となった鮭延秀綱の居城であったこと」、「大蔵村に残る清水城跡とともに、中世末期の最上郡内の中心的な城館であったこと」が挙げられる。

アクセス[編集]

奥羽本線および山形県道35号真室川鮭川線に沿っており、鮭川に向かって突き出た山が城跡である。麓の内町地区(かつての城下町とされる地域)の踏切そばの民家の敷地内から、遊歩道として整備されている登城道はある。また、この道を登ると城域には達するが、遺構内にある大手門跡とされる場所からは離れた場所に到達する。

関連項目[編集]