鮭川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鮭川
水系 一級水系 最上川
種別 一級河川
延長 48 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 870 km²
水源 丁岳(最上郡真室川町)
水源の標高 1,146 m
河口・合流先 最上川(最上郡戸沢村)
流域 山形県最上郡
テンプレートを表示

鮭川(さけがわ)は、山形県北部を流れる最上川水系最上川支流一級河川である。名称は、古くからの遡上が見られたことに由来する。上流では大沢川と呼ばれている。アユサクラマスの釣り場として、また国内有数の清流として有名である。

地理[編集]

鳥海山に程近い山形県最上郡真室川町大字差首鍋の秋田県との境にある丁岳山地に源を発する。新庄盆地西部を北から南へ流れ、最上郡戸沢村大字津谷付近で最上川に合流する。最上川との合流点付近では大きく曲流している。

流域の自治体[編集]

山形県
最上郡真室川町鮭川村新庄市、最上郡戸沢村

支流および河川施設[編集]

支流は主に新庄盆地東部に連なる奥羽山脈神室山地)や西部に連なる出羽山地を水源としている。

  • 高坂ダム
  • 真室川(塩根川):真室川町
    • 金山川(神室ダム、桝沢ダム):金山町、真室川町
  • 曲川:真室川町、鮭川村
  • 泉田川:新庄市、鮭川村
  • 升形川:新庄市
    • 指首野川:新庄市
  • 濁沢川:戸沢村

歴史[編集]

  • 1974年7月31日:升形川が氾濫し、新庄市を中心に浸水被害が発生した。
  • 1975年8月6日8・6水害の発生。真室川が氾濫し、真室川町を中心に上流域における鉄砲水土石流、下流域で浸水被害と甚大な被害が発生した。
  • 2004年7月17日:鮭川の氾濫。鮭川村を中心に浸水被害が発生した。

並行する交通[編集]

鉄道[編集]

1965年まで延長28kmの真室川森林軌道が、奥羽本線釜淵駅と鮭川上流部の高坂ダム周辺を結んでいた。

道路[編集]

流域の産業[編集]

農業
流域には小盆地が点在しており、主に稲作が行われている。奥羽山脈の裾野に広がる泉田川扇状地(塩野原)は、かつて原野であったが、現在では整然と区画された田畑が広がっている。また塩野原では畜産業も盛んなほか、一部で果樹栽培も行われている。主に真室川町の山菜や鮭川村でのきのこ栽培も特筆すべきものがある。
林業
流域は古来より木材の産地として知られ、上流域で伐採された木材の木流しが行われていた。現在でも金山町は樹齢250年を超すの美林が点在する金山杉の産地として有名である。
漁業
清流鮭川は、アユやサクラマス等の釣り場として知られている。現在でも鮭の遡上が見られ、鮭川村には鮭の人工孵化場が設置されている。上流域においてはイワナ等渓流釣りも盛ん。

流域の観光地および祭事、史跡[編集]