魚竜館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 魚竜館
魚竜館の位置(宮城県内)
魚竜館
宮城県内の位置
施設情報
専門分野 魚竜
館長 高橋司(2011年4月当時)[1]
開館 1990年
閉館 2011年3月11日[2]
所在地 988-0451
日本の旗 日本
宮城県南三陸町歌津管の浜194
位置 北緯38度43分2.7秒 東経141度31分49.2秒 / 北緯38.717417度 東経141.530333度 / 38.717417; 141.530333
外部リンク 魚竜館”. 2008年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月22日閲覧。
プロジェクト:GLAM

魚竜館(ぎょりゅうかん)とは宮城県本吉郡南三陸町歌津字管の浜194にあった複合資料館である。

概要[編集]

1990年、合併前の旧歌津町時代にオープンした。展示されているものは民俗資料と化石である。特筆すべきは、魚竜化石が発掘された状態で展示されていることである(発掘された場所の上に建物が建てられ、発掘した状態の維持が図られている)。ここで展示されている魚竜化石はウタツサウルスではなく、亜種の「クダノハマサウルス」である。また、海外から贈られた大型標本等も収められていた[3]。民俗資料については地元の産業の道具が展示されており、旧歌津町の産業の歴史が学べる。地元の特産品販売や食事スペースもあり[4]、観光がてらに食事・買い物を楽しむ観光客が多かった。来場者は、2010年には6万人を超えた[1]

東日本大震災による被災[編集]

2011年3月11日東日本大震災で被災した。化石の標本は、がれきに埋もれ、しかも、地盤が1メートルほど沈下したため、展示されていた化石は海中に水没した[1]。化石などの収蔵品の大部分が東北大学文化財レスキューチームの協力により救出され[5]、破損部分は修復され、その一部が2013年3月より歌津コミュニティ図書館に展示されている[3]。2016年1月21日現在、建物は解体され、再建は未定である[6]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 乗京真知 (2011年4月5日). “魚竜の化石に再起誓う 南三陸・博物館の館長夫妻”. asahi.com(朝日新聞社). 2011年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月22日閲覧。
  2. ^ 東日本大震災の被災のため
  3. ^ a b 化石の町 南三陸町”. 南三陸町 公式ブログ 南三陸なう (2013年4月30日). 2016年4月22日閲覧。
  4. ^ 魚竜館”. 全国商工会連合会. 2016年4月22日閲覧。
  5. ^ 佐々木 理. “宮城県自然史標本レスキュー活動報告 (pdf)”. 2016年4月22日閲覧。
  6. ^ 南三陸町. “岩手・宮城県際地域観光資源・宿泊施設営業状況 (pdf)”. 2016年4月22日閲覧。

外部リンク[編集]