魚沼病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 魚沼病院
Uonuma Hospital.jpg
情報
正式名称 新潟県厚生農業協同組合連合会魚沼病院
英語名称 JA Niigata Kouseiren Uonuma Hospital
標榜診療科 内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科、泌尿器科、リハビリテーション科
許可病床数

191床


一般病床:191床
機能評価 一般100床以上200床未満:Ver4.0
開設者 新潟県厚生農業協同組合連合会
(JA新潟厚生連)
管理者 黒川和泉(病院長)
開設年月日 1937年6月6日
所在地
947-0028
位置 北緯37度18分39秒
東経138度47分27秒
二次医療圏 魚沼
PJ 医療機関
テンプレートを表示

新潟県厚生連魚沼病院(にいがたけんこうせいれんうおぬまびょういん)は、新潟県小千谷市にあった医療機関新潟県厚生農業協同組合連合会(JA新潟厚生連)が運営していた病院である。

2017年4月に公益財団法人小千谷総合病院と統合し、JA新潟厚生連が新たに小千谷総合病院を開設した。

沿革[編集]

  • 1934年9月 - 小千谷市青年同志会による医療組合病院設立運動が起こり、準備に着手。
  • 1937年6月 - 小千谷市郷医療利用組合連合魚沼病院として開設(病床30床)。開院記念日昭和12年6月6日。
  • 1938年12月 - 本町に移転。病床60床
  • 1943年4月 - 新潟県信用販売購買利用組合に合併。
  • 1944年1月 - 新潟県農業会に経営移行。
  • 1947年6月 - 新潟県指導連に改編。
  • 1947年6月 - 一般病床112床に変更。
  • 1948年5月 - 新潟県厚生農業共同組合連合会(JA新潟厚生連)に改編。
  • 1949年3月 - 一般病床175床に変更。
  • 1949年4月 - 准看護婦養成所併設(1953年3月31日廃止)。
  • 1957年3月 - 病床180床になる。(一般153床、結核23床)
  • 1959年5月 - 総合病院となる。
  • 1961年4月 - 新潟県厚生連魚沼准看護婦養成所を開設(1972年3月31日廃止)
  • 1963年1月 - 一般153床、結核0床に変更。
  • 1963年3月 - 小千谷市委託病棟、厚生連の所有になる。
  • 1963年6月 - 魚沼総合病院廃止。
  • 1963年7月 - 移転新築竣工、病床153床。
  • 1964年5月 - 一般病床163床に変更。
  • 1992年6月 - 一般病床210床に変更。
  • 1994年10月 - 一般病床199床に変更。
  • 1999年4月 - 療養病棟開設。一般131床、療養60床
  • 2000年3月 - 訪問看護ステーション「うおぬま」開設。
  • 2007年6月 - 療養を一般病棟に切り替え。一般191床
  • 2017年4月 - 公益財団法人小千谷総合病院と統合し、小千谷総合病院を開設。

外来[編集]

交通アクセス[編集]

付属施設[編集]

小千谷市岩沢1003に岩沢診療所がある。診療科は内科のみ。無床。

外部リンク[編集]