魚住折蘆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

魚住 折蘆(うおずみ せつろ、1883年1月27日 - 1910年12月9日)は、明治時代評論家。本名は影雄(かげお)[1]

兵庫県加古郡母里村(現・稲美町母里)出身[1]東京帝国大学文学部哲学科卒。1906年(明治39年)9月独文科に入学するが、同年10月哲学科に転科。卒業後、大学院に進学。友人・藤村操が、1903年(明治36年)5月に日光華厳滝で投身自殺した1年後、「一高校友会雑誌」に「自殺論」を寄稿し、今日の人間にとって、国是国策の君でも家でもなく、自我こそが問題なのだと論じて話題になる。大学では、ラファエル・フォン・ケーベルに師事、のち夏目漱石の門下となり、宮崎八百吉綱島梁川西田天香のような宗教家たちとも交流した。「東京朝日新聞」に自然主義の欠陥を指摘する文芸評論をかく。1910年(明治43年)発表の「自己主張の思想としての自然主義」は、石川啄木に「時代閉塞の現状」をかかせるきっかけとなった。27歳で惜しくも夭折した。没後『折蘆遺稿』 (1914) が出版された。

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 20世紀日本人名事典

参考文献[編集]

  • 同志社大学人文科学研究所編『「新人」「新女界」の研究―20世紀初頭キリスト教ジャーナリズム』人文書院 1999年 - 魚住の求道的な生涯について詳しい