鬼海弘雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鬼海弘雄
生誕 1945年
国籍 日本の旗 日本
鬼海弘雄 (左)

鬼海 弘雄(きかい ひろお、1945年 - )は、写真家山形県寒河江市生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。

山形県職員を辞して、トラック運転手造船所工員、遠洋マグロ漁船乗組員など様々な職業を経て写真家に。1973年より浅草寺で人物写真を撮りはじめる。APA賞特選、日本写真協会新人賞、伊奈信男賞、「写真の会」賞を受賞。写真集としては『INDIA』(みすず書房)『東京迷路』(小学館)ほか。また、2004年には写真集「PERSONA」で第23回土門拳賞を受賞した。

写真集[編集]

  • 『王たちの肖像:浅草寺境内』矢立出版 1987年
  • 『India』みすず書房 1992年 
  • 『や・ちまた:王たちの回廊』みすず書房 1996年 
  • 『東京迷路』小学館 1999年 
  • 『しあわせ:インド大地の子どもたち』福音館 2001年 
  • 『Persona』草思社 2003年 
  • 『ぺるそな』草思社 2005年 
  • 『In-between 8 鬼海弘雄 ポルトガル、マルタ』写真・エッセイ 楠本亜紀,菊田樹子企画・編集 EU・ジャパンフェスト日本委員会 2005年 
  • 『東京夢譚』草思社 2007年 
  • 『Asakusa Portraits』ICP
  • 『アナトリア』クレヴィス 2010年 
  • 『東京ポートレイト』クレヴィス 2011年 
  • 『世間のひと』筑摩書房 2014年
  • 『Tokyo View』かぜたび舎 2016年

写文集[編集]

  • 『印度や月山』 白水社 1999年 ISBN 4-560-04928-9 (エッセイ・写真)
  • 『眼と風の記憶 写真をめぐるエセー』岩波書店 2012年
  • 『誰をも少し好きになる日――目めくり忘備録』文藝春秋 2015年
  • 『靴底の減りかた』筑摩書房 2016年

その他[編集]

写真展[編集]

  • 「ペルソナ(1)」ポーランド,Krakow“Manggha” 1999年
  • 「ペルソナ(Ⅱ)」ポーランド,Krakow“Manggha” 2002年
  • 「ペルソナ」山形・酒田 “土門拳記念館” 2004年
  • 「東京ポートレイト」東京“東京都写真美術館” 2011年
  • 「ペルソナ(+インド・アナトリア)」山形“山形美術館” 2012年
  • 「ペルソナ(+インド・アナトリア)」兵庫・伊丹“伊丹市立美術館” 2012年
  • 「ペルソナ」宮崎“宮崎県立美術館” 2013年
  • 「浅草ポートレイト」スペイン・マドリッド“スペイン文化庁ギャラリー” 2014.09.18〜11.19
  • 「INDIA 1987〜2011」愛媛“松山県立美術館” 2014.09.24〜10.11

外部リンク[編集]