高田久右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高田 久右衛門明治9年(1876年11月) - )は、日本実業家大阪府多額納税者[1]伊藤萬商店(株)監査役[1]。大阪府人、高田久右衛門の孫[2]・高田久太郎の長男[3]。前名久三郎[3]

人物像[編集]

明治25年(1892年家督相続[3]。趣味は長唄書画骨董[3]。大阪府在籍[2]

家族・親族[編集]

高田家[編集]

大阪府大阪市東区(現中央区道修町[3]兵庫県芦屋市東山町[4]
  • 祖父・久右衛門[2]商人、実業家)
『明治人名辞典Ⅱ 上巻』(底本・『日本現今人名辞典(明治三三年)』)たノ二十九によると、「たかた、きうゑもん 高田久右衛門 君は大阪の唐紅花商にして三島紡績株式会社監査役、大阪毛絲株式会社取締役なり(二九四圓餘)」
  • 父・久太郎[3]
  • 母・ミツ[2]
嘉永6年1月生[2] - 没
明治19年(1886年)3月生[3] - 没
明治40年(1907年)8月生[3] - 没
昭和8年(1933年京大法学部卒業[4]。趣味はゴルフ野球[4]宗教仏教[4]。住所は兵庫県芦屋市東山町[4]
明治44年(1911年)9月生[3] - 没
大正3年(1914年)9月生[3] -
大正6年(1917年)3月生[3] -

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)下タ一五六
  2. ^ a b c d e 『人事興信録』(昭和3年)タ一〇九
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)下タ一五七
  4. ^ a b c d e f g 第二十一版 人事興信録 』(昭和36年)た九二
  5. ^ 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)上イ九八