高橋昭博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 昭博(たかはし あきひろ、1931年7月26日[1] - 2011年11月2日)は、日本の元地方公務員(広島市元職員)、原爆被爆者広島平和記念資料館元館長。被爆体験の証言活動を行っていた[2]

略歴[編集]

広島県広島市西区出身[3]1945年8月6日、旧制広島市立中学校2年在学中、爆心地から約1.4キロ離れた中広町の校庭で被爆。1951年、広島市職員となる。

1956年広島県被団協の結成に加わる。

1979年4月から1983年3月まで第7代広島平和記念資料館館長を務めた。

1995年3月まで広島平和文化センター事業部長を務め、退職。

2008年谷本清平和賞 受賞。

2011年4月、心筋梗塞のため入院。

2011年11月2日、心不全のため広島市中区の病院で死去。80歳没[2][3]

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 高橋昭博”. コトバンク. 2011年11月4日閲覧。
  2. ^ a b “訃報:高橋昭博さん80歳=元広島原爆資料館長”. 毎日新聞. (2011年11月2日). http://mainichi.jp/select/today/news/20111102k0000e040057000c.html 2011年11月4日閲覧。 
  3. ^ a b “元原爆資料館長の高橋氏死去”. 中国新聞. (2011年11月2日). http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201111020205.html 2011年11月4日閲覧。