高橋広江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 広江(たかはし ひろえ、男性、1896年11月15日 - 1952年8月20日)は、昭和期のフランス文学者

岐阜県生まれ。1926年慶應義塾大学仏文科卒。慶大予科教授を経てフランス領インドシナに渡る。戦後は岐阜大学教授などを歴任。1930年(昭和5年)より『三田文学』に小説フランス文学に関する評論などを発表した。シャルル・ボードレールポール・ヴァレリー翻訳を手がけた。

著書[編集]

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 日本近代文学大辞典