高橋千秋 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 千秋
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県
生年月日 1953年(68 - 69歳)
選手情報
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高橋 千秋(たかはし ちあき、1953年 - )は、日本の元アマチュア野球選手(投手)。

経歴・人物[編集]

秋田市立高校では、1968年夏の選手権で1年生ながら、投手として出場した。準々決勝に進むが、その準々決勝で新浦壽夫らがいる静岡商業高校に敗退。その後は、県予選で敗退し、甲子園への出場を果たすことはなかった。高校で2年上にエースの鎌田忠和(秋田鉄道管理局)、1年上に捕手三浦正行がいた。高校卒業後は、新日本製鐵釜石に入社した。

新日本製鐵釜石に在籍していた時に、1972年名古屋市で開催された第26回ベーブルース杯争奪全国社会人野球大会でエースとして活躍し、決勝で日本軽金属に敗れたものの、敢闘賞で授賞した[1]1974年の都市対抗野球岩手銀行の補強選手として出場した。同年のドラフト会議中日から3位指名を受けたが、入団を拒否し[2]、チームに残留した。

その後も、都市対抗野球大会社会人野球日本選手権大会に出場し、1978年の第10回全国社会人野球東北大会でチームの初優勝に貢献し[3]、翌年の第11回全国社会人野球東北大会でも優勝を果たし、新日鉄釜石は2連覇を成し遂げた[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「日本社会人野球協会報1972」日本社会人野球協会 1973年
  2. ^ 過去のドラフト 第10回(1974年) - ドラフト会議 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年7月10日閲覧。
  3. ^ 「日本社会人野球協会報1978」日本社会人野球協会 1979年
  4. ^ 「日本社会人野球協会報1979」日本社会人野球協会 1980年

関連項目[編集]