高橋久子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

高橋 久子(たかはし ひさこ、1927年9月21日 - 2013年12月21日)は、福岡県北九州市出身の労働省官僚最高裁判所判事。位階勲等は従三位勲一等瑞宝章受章。

概要[編集]

門司高等女学校卒業後に東京大学経済学部に進学。卒業後の1953年に労働省入省。内閣審議官、労働省婦人少年局長を歴任し、1982年に退官。

婦人少年協会会長、アジア女性交流・研究フォーラム理事長、21世紀職業財団会長を務めた後、1994年2月9日に女性としては初めて最高裁判所判事に任命される。当時の内閣は3人の女性閣僚がいた細川内閣であり、細川護煕は「大きなプレゼント」とコメントした[1]

2000年、勲一等瑞宝章受章[2]

1997年9月20日 最高裁判事を定年退官。2013年12月21日、86歳で死去[3]。叙従三位

最高裁判所での主な裁判[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「最高裁人事で女性重視PR リーダー懇で細川首相」『読売新聞』1994年1月14日朝刊
  2. ^ 「2000年春の叙勲、受章者総数は4607人」『読売新聞』2000年4月29日朝刊
  3. ^ “女性初の最高裁判事が死去 高橋久子氏”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年12月24日). オリジナル2013年12月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131225224732/http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013122401002926.html 2018年9月9日閲覧。 

関連項目[編集]