高木重俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高木 重俊(たかぎ しげとし、1944年(昭和19年) 3月23日 - 2012年(平成24年) 9月1日)は、日本の漢文学者北海道教育大学名誉教授

長野県生まれ。1966年東京教育大学文学部漢文学卒、1970年同大学院文学研究科中国古典学修士課程修了。函館大学助教授、北海道教育大学函館校教授、2009年定年退任、名誉教授。2006年「初唐文学論」で博士(文学)筑波大学)。

著書[編集]

  • 蠣崎波響漢詩全釈 梅痩柳眠村舍遺稿』幻洋社、2002
  • 張説 玄宗とともに翔た文人宰相』大修館書店 あじあブックス、2003
  • 『蠣崎波響漢詩研究』幻洋社、2005
  • 『初唐文学論』研文出版、2005
  • 『唐代科挙の文学世界』研文出版 研文選書、2009
  • 『蠣崎波響の漢詩の世界』キャンパス・コンソーシアム函館 函館学ブックレット、2009
  • 岡本花亭』研文出版(山本書店出版部) 研文選書、2011

共著[編集]

参考文献[編集]

  • 高木重俊先生の略歴と研究業績 語学文学、2009-03