高増明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高増 明(たかます あきら、1954年 - )は、日本経済学者関西大学社会学部教授

経歴[編集]

1979年京都大学経済学部卒業。85年同大学院経済学研究科満期退学、88年「国際貿易と資本理論 ネオ・リカーディアンの貿易論」で経済学博士。85年大阪産業大学経済学部専任講師、91年助教授、97年教授、2006年関西大学教授。専門は理論経済学、国際経済学

ロック好きである。

著書[編集]

単著[編集]

共著編[編集]

  • 『国際経済学:理論と現実』野口旭共著ナカニシヤ出版、1997年
  • 『アナリティカル・マルキシズム松井暁共編 ナカニシヤ出版、1999年
  • 『経済学者に騙されないための経済学入門』竹治康公共編 ナカニシヤ出版、2004年
  • 『アジアのメディア文化と社会変容』斉藤日出治共編 ナカニシヤ出版 2008
  • 『ポピュラー音楽の社会経済学』編 ナカニシヤ出版、2013 

翻訳[編集]

参考[編集]