高口恭行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高口恭行(正確には髙口恭行。たかぐち やすゆき(僧侶としては"きょうぎょう")1940年6月13日 - )は、大阪にある浄土宗寺院一心寺の長老。工学博士。大阪を代表する建築家の一人であったが、現在は引退。元奈良女子大学教授。長男は現住職の高口恭典(元獣医)。次男は早稲田大学教授の高口洋人。三男は俳優の高口真寤

家系[編集]

プロフィール[編集]

建築作品および活動[編集]

  • 一心寺信徒会館 日想殿 (1977)
  • 一心寺庫裏 望無亭 (1977)
  • 山添村コミュニティ装置S1,Y1,Y2 (1981)
  • 枚方の町家 竹尾医院 (1982)
  • 一心寺単信庵 (1984)
  • 専念寺本堂 (1984)
  • 得生寺本堂 (1984)
  • 妙香院 (1985)
  • 百万遍知恩寺宝物館 (1987)
  • 西山短期大学図書館 (1988)
  • 小栗栖西方寺 (1990)
  • 一心寺念彿堂 (1993)
  • 小松幼稚園講堂 (1995)
  • 一心寺仁王門 (1997)
  • 應典院 (1997)
  • 一心寺三千仏堂 (2002)
  • 一心寺シアター「倶楽」(2002)

著作[編集]

  • ガラスの屋根 -エッセイ「都市の縁起」(新風書房)
  • 建築 -私との出会い2-(共著、彰国社
  • 第三の建築家(真鍋恒博との共著、彰国社
  • 都市の生活空間―フィールドノート(上田篤らとの共著、日本放送出版協会)