高千穂丸 (フェリー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高千穂丸
Peiraias European Express 1.jpg
ピレウス港に接岸中の「European Express」
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本(1974-1999)
パナマの旗 パナマ(1999-)
所有者 日本カーフェリー
→シーコムフェリー
→マリンエキスプレス(1974-1999)
Access Ferries(1999-)
運用者 日本カーフェリー
→シーコムフェリー
→マリンエキスプレス(1974-1998)
建造所 日本鋼管清水造船所
姉妹船 美々津丸
IMO番号 7355272
改名 高千穂丸(1974-1999)
HO MARU(1999)
MILLENIUM EXPRESS(200-2007)
EUROPEAN EXPRESS(2007-)
経歴
起工 1973年
進水 1973年10月24日
竣工 1974年2月15日[1][2]
就航 1974年3月1日[2]
現況 ギリシャの旗 ギリシャで就航中
要目
総トン数 9,536 トン
全長 156.0 m
22.0 m
喫水 6.2 m
機関方式 ディーゼル
主機関 三菱MAN V9V52/55 2基
推進器 可変ピッチプロペラ 2軸
出力 36,000馬力
最大速力 27.4ノット
航海速力 25.6ノット
旅客定員 1016名
乗組員 82名
車両搭載数 8トントラック62台、乗用車150台
テンプレートを表示

高千穂丸(たかちほまる)は、日本カーフェリーが運航していたフェリー

概要[編集]

就航当初は日本最速のフェリーで、本船と美々津丸の就航により、京浜航路の所要時間は5時間短縮され、従来より1隻少ない2隻での毎日運航となった。
本船と美々津丸の就航により、従来就航していたせんとぽーりあは、広島 - 日向航路へ転配、はいびすかすは大阪 - 日向航路へ転配、ぶーげんびりあは予備船となった[2]

航路[編集]

京浜航路

美々津丸と本船の2隻で毎日運航した。下り便は、川崎港18時発、日向港翌15時着(所要時間21時間)、上り便は、日向港19時発、川崎港翌15時着(所要時間20時間)で運航された。

大阪航路

神戸航路

設計[編集]

船内[編集]

船室[編集]

船室タイプの一覧
クラス 部屋数 定員 設備
特等室 2名×2室 4名 ツインベッド、バス、トイレ
1等洋室 2名×42室、4名×38室 236名
1等和室 4名×6室、6名×2室 36名
2等室 682名
ドライバーズルーム 48名

設備[編集]

パブリックスペース

  • 案内所
  • ロビー
  • ラウンジ(フォワードサロン)
  • 談話室
  • 幼児室

供食設備

  • レストラン(149席) - Bデッキ前部
  • パブ・バー(39席) - Bデッキ
  • 居酒屋(74席) - Bデッキ
  • 売店
  • 自動販売機

入浴設備

  • 大浴場(サウナ付)

娯楽設備

  • シアター(104席)
  • カードルーム
  • ゲームコーナー
  • 室内プール(10m×5m) - 温水プール

事故・インシデント[編集]

浦賀水道での貨物船との衝突[編集]

1982年9月9日、19時5分ごろ川崎港から細島港へ向かって航行中だった本船は、第二海堡灯台の西北西約3,5kmの地点、浦賀水道航路北口の手前で貨物船サンワフォンテンと衝突した。本船の右舷中央部やや後方がサンワフォンテンの左舷船首に後方から約30度の角度で衝突した後、減速した本船の右舷中央部に、サンワフォンテンの左舷船首が再度衝突した。衝突により、本船は、右舷中央部の外板に軽微な凹損を伴う約20メートルの擦過傷を生じ、サンワフォンテンは左舷船首ブルワークが約17メートルにわたって曲損した[3]

事故発生当時、天候は曇で、風力4の南西の風が吹いており、日没後約1時間が経過していたが、視界は良好で船体を視認出来る明るさであった。事故原因は、浦賀水道航路北口の北方水域を航行する際、サンワフォンテンおよび別の小型タンカーに後方から急速に接近する本船が、早目に減速して安全な船間距離を保つことなく、サンワフォンテンおよび小型タンカーの間に進入し、両船に著しく接近したことで発生したが、サンワフォンテンが小型タンカーおよび急速に接近する本船を確認していたのに、本船の前路を押える態勢で大きく転針したことも一因とされた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 世界の艦船(1974年4月号,p102)
  2. ^ a b c 世界の艦船(1974年4月号,p144)
  3. ^ a b 横浜地方海難審判庁 (1986-03-27) (PDF). 昭和58年横審第21号 旅客船高千穂丸貨物船サンワフォンテン衝突事件 (Report). 海難審判・船舶事故調査協会. http://www.maia.or.jp/pdf/58yh021.pdf 2016年2月23日閲覧。. 

外部リンク[編集]