駅前の歩き方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

駅前の歩き方』(えきまえのあるきかた)は、森田信吾による日本漫画作品。1999年から2005年にかけて『モーニング』、『別冊モーニング』(共に講談社)にて不定期連載された。

全8話。単行本は2005年に全1巻で刊行され、2011年には新作エピソードを加筆した新装版が『駅前グルメの歩き方』の題で出版された。

概要[編集]

日本各地を取材旅行で廻る小説家・花房徹と担当編集者の加藤が、取材の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いた「常食」(郷土料理や観光食とは違う、地元の人が日常に食べるもの)をテーマにした作品。食材の説明等の料理の薀蓄を述べるだけではなく、そこで出会った人たちとの触れ合いを綴っているのが特徴。

扱った常食[編集]

  1. 長野県伊那市ローメンモーニング、1999年8号)
  2. 静岡県静岡市かき揚げソバ (モーニング、1999年20号)
  3. 秋田県秋田市ババヘラアイス (モーニング、1999年36・37合併号)
  4. 群馬県大泉町ブラジル料理 (モーニング、1999年47号)
  5. 静岡県富士宮市焼きそば (モーニング、2003年15号)
  6. 長崎県長崎市トルコライス (別冊モーニングvol.2、2004年)
  7. 埼玉県行田市ふらい&ゼリーフライ (別冊モーニングvol.3、2004年)
  8. 大阪府大阪市夫婦善哉 (別冊モーニングvol.4、2005年)
  9. 埼玉県小鹿野町岩茸寿司 (新装版書下ろし)

主な登場人物[編集]

花房 徹(はなぶさ とおる)
若手の人気小説家。取材の為に日本各地を飛び回り、各地の常食を食らう。
加藤(かとう)
花房の担当編集者。
平賀 愛子(ひらが あいこ)
花房の妻。翻訳家。花房のデリカシーの無さに嫌気が差し、長年別居している。

単行本[編集]

いずれも全1巻。

駅前の歩き方
モーニングKC講談社)、2005年2月23日発売、ISBN 978-4063724158
駅前の歩き方―常食グルメ
SHUEISHA JUMP REMIX集英社)、2008年2月発売、ISBN 978-4834242843
2005年に発売されたモーニングKC版の再録。
地方食ぶらり旅 駅前グルメの歩き方
KCデラックス講談社)、2011年5月23日発売、ISBN 978-4063760668
書下ろしの新作エピソードに加え、森田信吾のインタビューを掲載した新装版。

関連項目[編集]