馬場良治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ばば りょうじ
馬場 良治
生誕 (1949-06-13) 1949年6月13日(70歳)
日本の旗 山口県宇部市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京藝術大学美術学部日本画家卒業
同大学美術研究科保存修復技術専攻修了
職業 日本画家
重要文化財復元

馬場 良治(ばば りょうじ、1949年(昭和24年)6月13日 - )は、日本画家で、重要文化財復元の第一人者。日本美術院の院友である。東京藝術大学美術研究科保存修復技術専攻修了。山口大学客員教授。

来歴・人物[編集]

  • 1949年、山口県宇部市生まれ。宇部鴻城高等学校を卒業。
  • 1980年(昭和55年)、東京藝術大学美術学部日本画家卒業。
  • 1983年(昭和58年)、同大学院美術研究科保存修復技術専攻修了。山崎昭二郎に師事。
  • 1984年(昭和59年)、文化庁の依頼を受ける。
  • 2003年(平成15年)〜2010年(平成22年)、歓喜院聖天堂の修理専門委員会委員となり、彩色担当となる[1]
  • 国宝や重要文化財の色彩調査と修復に取り組んでいる。
  • 2016年(平成28年)、集古館(文化財修復技術研究所)を設立[2]
  • 2017年(平成29年)、山口大学に於いて客員教授として「文化財修復技術の現状と課題」という講演会を開いている[3]
  • 現在は東京を拠点に、故郷である宇部市にアトリエを構えている。

主な活動[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 選定保存技術の選定及び保持者・保存団体の認定について 文化庁 平成26年7月18日付
  2. ^ 馬場良治さんが「集古館 文化財修復技術研究所」開設へ 宇部日報 2016年11月30日付
  3. ^ 日本画家 馬場良治氏による講演会「文化財修復技術の現状と課題」を開催/山口大学HP