首相動静

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

首相動静(しゅしょうどうせい)とは、日本の主要新聞に掲載されている、内閣総理大臣の動向に関する記事のこと。

日本では首相(内閣総理大臣)が自宅(通常は総理大臣公邸)外出、総理大臣官邸での執務、国会審議対応、視察訪問、重要人物(対象は政権ブレーン、与野党政治家、ジャーナリスト、外国政府要人など)との公式会談、メディア取材会見、プライベート色が強い外出、自宅への帰宅などが、分単位の時間で全部記録されて主要新聞に掲載されることによって、前日の行動が毎日公開されている。

「首相動静」によって、内閣総理大臣がいつに誰と会って何分対談をしたかを知ることができ、それによって対談した重要人物との首相とのポジションや政策決断の時期などを推測することができる。なお、「首相公邸で書類整理」とメディアからは詳細がわからない案件において、首相官邸からの報告として首相の真面目ぶりが書かれる一方で、実際には「首相公邸で公務から離れてプライベートを楽しむ」が真実であるなどのケースもある。

新聞によっては、「首相動静」に独自の名称を用いている場合もある(『産経新聞』は首相の苗字に冠して「○○日誌」としている)。

衆議院議員総選挙後や与党の党首選挙後などで、次期首相となることが予定されている人物がいる場合には、次期内閣総理大臣の動静についても併せて報じられることが多い。

また、一部の地方新聞では発行地域の知事や市町村長の動静も合わせて掲載することがある。

外部リンク[編集]