風のクロノア door to phantomile

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
風のクロノア door to phantomile
ジャンル アクションゲーム
対応機種 プレイステーション[PS]
iアプリ[i]
Wii
S!アプリ[S!]
ゲームアーカイブス[GA]
開発元 PS:ナムコ
Wii:パオン
発売元 PS:ナムコ
携帯電話,Wii,GA:バンダイナムコゲームス
人数 1人
メディア PS:CD-ROM
Wii:Wii用12cm光ディスク
発売日 PS:1997年12月11日
PS(Best):1999年11月18日
i:2008年10月1日
Wii:2008年12月4日
S!:2009年2月2日
GA:2011年7月6日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
テンプレートを表示

風のクロノア door to phantomile』(かぜのクロノア ドア トゥ ファントマイル、欧米版タイトル:Klonoa: Door to Phantomile)は、1997年12月11日ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)より発売されたプレイステーションアクションゲームソフト2005年7月21日発売のプレイステーション2用ソフト『ナムコレクション』に収録されたほか、2011年7月6日よりゲームアーカイブスで配信されている。

2008年10月1日には、携帯電話向けサイト「ナムコ・ゲームス」にて、PS版をベースとしたiアプリ移植版、2009年2月2日にはS!アプリ版がそれぞれ配信された。

2008年12月4日、グラフィックを全面的にリニューアルしてシステムを再調整したリメイクとして、Wii版が発売された。

概要[編集]

クロノアを主人公に、ヒューポーが宿ったリングから射出する風玉で敵キャラを風船のように膨らませ、その敵を使ってジャンプしたり、別の敵や仕掛けにぶつけることで進んでいくアクションゲーム。操作は2Dの横スクロールアクションだが、3DCGで表現されている。

その後、シリーズ化された(ストーリー上の繋がりはないものの、キャラクターやシステムなどは継承されている)。

ストーリー[編集]

「そして僕は不思議に思う。 あさ目がさめると確かに見たはずの夢が 思い出せないことがある。 その夢はいったいどこへ行ってしまうんだろう。 でもその日の夢は 鏡を見るようにはっきりと覚えているんだ。」 そこは"夢"が世界の原動力となる世界「ファントマイル」。みんなの見た夢は朝には忘れてしまう。 そんなある日の事、風の村でお爺さんと暮らしているクロノアは何故か朝になっても夢を憶えていました。 不思議だな?と思いつつ外を見ると小高い丘の上に何かが落ちてきてクロノアはビックリしました!それというのもその光景はクロノアが憶えている夢と同じなのです。幼なじみでいつも一緒のリングの精・ヒューポーと共にクロノアは元気良く外へ飛び出しました。

キャラクター[編集]

ボスキャラクター[編集]

ロンゴ ランゴ
ビジョン1-2のボスで、太い2本の腕と細い尻尾が特徴的な巨大幻獣。ジョーカーがクロノアを倒すべく差し向けてくる。衝撃波や巨体を用いた圧し掛かり攻撃などを仕掛ける。おしり(背中側)が弱点。
エヴィルシードフ&エヴィルパメラ
ビジョン2-2のボス。ガディウスに操られたシードフ王とパメラ。攻撃の殆んどはエヴィルパメラに任せており、エヴィルパメラ自身はクロノアを狙って水の中から飛び出し、泡を降らせて攻撃する。
ゲルグ ボルム
ビジョン3-2のボス。左右に硬い殻が付いた植物のような姿をした巨大幻獣で、ロンゴ ランゴ同様ジョーカーが差し向けてくる。突進と大ジャンプによる押しつぶし、巨大化する種のような玉を転がして攻撃する。弱点は頭上(殻の隙間)。
バラディウム
ビジョン4-2のボス。ジョーカーが去り際に放った、虫のような姿をした巨大幻獣。翅の根元の色が変化するごとに違った攻撃を仕掛けてくる(青→柱を大量に放つなど)。また、このボスとの戦闘の際に流れるBGM「Baladium's Drive」は人気が高く、Wii版のTVCMにも使用された。リメイク版では公式イラストに近いデザインになっている。
ジョーカー
ビジョン5-2のボスで、闇の力を得たジョーカー。普段は巨大化したジョーカーの姿だが、日食が起こると無敵のビーストジョーカーに変身する。床の色を全て元に戻して変身を解かなければ、ダメージを与えられない。ジョーカーの時はあまり攻撃して来ないが、ビーストジョーカー時には刺の生えた鰭を使い、激しい攻撃を仕掛ける。その厄介さ故、ラスボスよりも強いと評するプレイヤーは多い。
ガディウス
ビジョン6-2のボス。頭の色が変化するごとに、攻撃パターンを変えてくる(青→マントから火の玉とデスムゥを出す、赤→デスムゥの付いた赤い物体を飛ばす、緑→デスムゥの入ったトライアングル型の物体を投げる)。また、各攻撃時にある光る弾に触れると、輪の外側に出されてしまう。
ナハトゥム
本作のラスボス。醜い姿をした悪夢の結晶で、他のボスと違い「体外→体内→再び体外」の順番で進む三連戦となっている。
最初の戦いでは、背中からデスムゥとよろいデスムゥを吐き出し、地面を殴って衝撃波を出し、舌を伸ばして攻撃、体内では背景の顔の目からクロノアを追いかけながらレーザーを放ち、最後の戦いでは背中からよろいデスムゥを吐き、吸い込みで足場を破壊し、身体から虹色の衝撃波を数発放ってくる。また、Wii版ではこれに加え、背中から火炎弾を発射し落としてくる攻撃が追加されており、リメイク版で唯一攻撃技が追加されたボスとなっている。
なお2度の体外戦では5発ある月の大砲すべてに砲弾代わりの敵を送るのが目的であり、それまでのボス戦と違いプレイ中クロノア自身は一度もナハトゥムに攻撃しない(ただしストーリー上はクロノアがナハトゥムに止めをさしている)。

Wii版の追加および変更点[編集]

  • グラフィックはWii用に作り直された。PS版のキャラクターグラフィックは2Dであったのに対して、Wii版はフル3DCGになっている。
  • BGMはPS版をベースにアレンジされ、新しいBGMが追加された。
  • キャラクターボイスはファントマイル語に加えて、新たに日本語版を収録し完全フルボイスで収録された。また、一部キャラクターの担当声優が変更された。
  • 新規ステージが追加された。ある条件を満たすと左右に反転したミラーモードも追加し、ステージ数は大幅に増えた。
  • 新たにクロノアの服を変えることができるコスチュームが追加された。
  • ストーリーデモの台詞の改訂、および『2』以降で実装された操作説明が追加された。
  • ゲームに登場したキャラクター(敵も含む)の容姿をそれぞれ眺めることができるモデルビューアが追加された。
  • ストーリー中のイベント部分を見ることができるデモビューアが追加された。
  • ゲーム中に登場したボスをどれだけ早く倒すことができるか挑戦できるボスタイムアタックモードが追加された。
  • クロノアの体力が6個から10個になって、難易度が下がった。
  • PS版のステージセレクトはゲームクリア後でしかできなかったが、Wii版は最初からステージセレクトができる状態で1度クリアしたステージをすぐに再プレイできるようになった。
  • PS版にあったムービーはプリレンダムービーだったのに対して、Wii版は全てリアルタイムで描画している。

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]