青葉益輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青葉 益輝(あおば ますてる、1939年7月18日 - 2011年7月9日[1])は、日本のグラフィックデザイナー

人物[編集]

1960年代以降の日本のグラフィックデザインの第一人者として知られ、「環境」や「平和」をテーマにした作品が多く、東京都のごみ問題をテーマにしたポスターや、平和の大切さを訴える自主制作の作品など、社会性の強い活動に取り組んだ。

主な作品には長野オリンピックの第1回公式ポスター、核兵器の廃絶や平和を呼びかけるポスター「ヒロシマ・アピールズ」(2008年)などがある。

晩年は自然やエコなどをテーマにした活動を積極的に行っていた。国際グラフィック連盟(AGI)会員、東京ADC委員、JAGDA理事や東京造形大学客員教授を務めた。

2011年7月9日、食道がんによって東京都内の病院で死去。71歳没[1]

年譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 時事ドットコム:青葉益輝氏死去(グラフィックデザイナー)