コンテンツにスキップ

青と白

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イスラエルの旗 イスラエル政党連合
青と白
ヘブライ語: כַּחוֹל לָבָן
共同代表 ベニー・ガンツ
共同代表 ヤイル・ラピド
成立年月日 2019年2月21日
解散年月日 2022年8月14日
本部所在地 テルアビブ
クネセト
8 / 120   (7%)
(2021年3月25日)
政治的思想・立場 中道政治[1]
自由主義[2]
国民自由主義
社会自由主義[3]
経済自由主義[4]
シオニズム[2]
世俗主義
包括政党[5]
シンボル פה
公式サイト כַּחוֹל לָבָן
テンプレートを表示

青と白(あおとしろ、ヘブライ語: כַּחוֹל לָבָן‎, Kaḥol Lavan)は、かつて存在したイスラエル政党連合

概説

[編集]

2019年4月に執行されるクネセト総選挙を控え、ベンヤミン・ネタニヤフ政権に対抗する中道3党(イスラエル回復党イェシュ・アティッドテレム)により設立された[6]

中道[7]リベラル[8]であり、政治的・宗教的なすべての市民を代表する包括政党として定義している[9]。「青と白」の名称は、イスラエル国旗の色を指し、一般的に国内では「イスラエルのもの」と口語的な表現として使用されている[10]

政策綱領には、首相の任期制限導入、起訴されたクネセト議員の失職、イスラエル少数民族・宗派を考慮した憲法の改正、児童教育の投資、医療支援の拡大、そしてパレスチナ自治政府と和平協定交渉を明記している[11]

歴史

[編集]

候補者名簿の提出締切日である2019年2月21日、イスラエル回復党とイェシュ・アティッド、テレムの3党で選挙同盟を結成すると発表した。また元参謀総長であるガビ・アシュケナジも参画することが公表された[12]

総選挙では、与党リクードと同じく35議席を獲得したが、右派・中道政党で過半数に達したことから敗北を認めた[13]。ネタニヤフは、ルーベン・リブリン大統領から組閣要請を受けたものの組閣に失敗し、再び議会が解散されることとなった[14][15]

参加政党

[編集]

イスラエル回復党(イスラエルの回復力)

[編集]

2015年2月16日、参謀総長を退任したガンツは法律により3年間クネセトへの立候補が制限され、2018年7月2日までに制限が解除された[16]。同年9月に次期総選挙への立候補を表明し[17]、12月26日のクネセト解散に伴い翌27日に109人の創設者名簿とともに新党「イスラエル回復党」を選挙管理委員会に登録した[18]

イェシュ・アティッド(未来がある)

[編集]

2012年、ヤイル・ラピドによって設立された中道政党[19]。2013年の総選挙でリクードに次ぐ得票で19議席を獲得した[20]。第3次ネタニヤフ内閣に与党入りするも、2015年の総選挙では、経済政策に関する違いからネタニヤフとリクードを批判するも11議席にとどまり、下野した[21][22][23]

テレム(国民政治運動)

[編集]

2016年5月、国防相のモーシェ・ヤアロンはネタニヤフとの対立から更迭が憶測される中、自ら辞任した。2017年3月12日、ヤアロンはリクードを離党し次期総選挙ではネタニヤフに対抗する新党を結成すると発表し[24]、2019年1月2日にテレムを創設した[25]。1月29日にはイスラエル回復党との選挙協力を公表した[26]

政策

[編集]

2019年2月25日、ラピドは憲法を改正し、市民平等の事項を記載する意図を表明した[27]。「青と白」は2019年3月6日に、様々な政治的分野での立ち位置を示すマニフェスト集を公表した。核心的政策として、アラブ諸国との平和的関係構築、土地に関する譲歩無くパレスチナとの交渉に応じる姿勢が挙げられる[28]

分裂とガンツのネタニヤフ政権入りを機にそれまでの「青と白」が掲げてきていた政策の多くは放棄された。

役員

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ Netanyahu's new rival is surging in Israel's polls”. Washington Post (2018年2月26日). 2018年2月26日閲覧。 “Gantz's centrist political party, Blue and White...”
  2. ^ a b Blue and White”. The Israel Democracy Institute. 2019年3月7日閲覧。
  3. ^ Lahav Harkov (2019年2月16日). “Histadrut chief Avi Nissenkorn joins Gantzs Israel Resilience Party”. The Jerusalem Post. 2019年2月23日閲覧。
  4. ^ JPost Editorial (2013年3月17日). “A Capitalist Government”. The Jerusalem Post. 2013年3月17日閲覧。
  5. ^ After Replacing Netanyahu, Gantz's Party Will Self-destruct. And That's OK”. Haaretz. 2019年3月5日閲覧。
  6. ^ Staff writer. “United Gantz-Lapid party to be called 'Blue and White'; no women in top 6” (英語). The Times of Israel. 2019年2月21日閲覧。
  7. ^ Halbfinger, David M. (2019年2月21日). “2 Israel Centrists, Benny Gantz and Yair Lapid, Join Forces Against Netanyahu” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2019/02/21/world/middleeast/benny-gantz-yair-lapid-netanyahu-israel.html 2019年5月30日閲覧。 
  8. ^ Eric R. Mandel. “Spotlight on Moshe 'Bogie' Ya'alon”. The Jerusalem Post. 2019年2月4日閲覧。
  9. ^ מצע כחול לבן” (ヘブライ語). כחול לבן. 2019年3月20日閲覧。
  10. ^ מילוג המילון העברי החופשי – כחול לבן פירושים” (ヘブライ語). 2019年3月26日閲覧。
  11. ^ Raoul Wootliff (2019年3月6日). “Blue and White releases its political platform: 'No second disengagement'” (英語). The Times of Israel. 2019年3月6日閲覧。
  12. ^ Staff writer. “After marathon talks Gantz, Lapid agree party merger in challenge to Netanyahu” (英語). The Times of Israel. 2019年3月8日閲覧。
  13. ^ Netanyahu set for fifth term as Israel's leader as rival concedes defeat”. CNN. 2019年9月22日閲覧。
  14. ^ Staff writer. “With plea for healing, president officially taps Netanyahu to form new coalition” (英語). The Times of Israel. 2019年9月22日閲覧。
  15. ^ “After Netanyahu Fails to Form Government, Israel to Hold New Election” (英語). Haaretz. (2019年5月30日). https://www.haaretz.com/israel-news/elections/after-netanyahu-fails-to-form-government-israel-to-hold-new-election-1.7306156 2019年9月22日閲覧。 
  16. ^ אנונימית. “רוץ בני, רוץ: תקופת הצינון של הרמטכ"ל לשעבר תמה”. רדיו קול חי. 2018年7月2日閲覧。
  17. ^ החדשות – "בני גנץ החליט להצטרף לפוליטיקה"”. mako. 2018年9月6日閲覧。
  18. ^ List of founders Archived 2018-12-27 at the Wayback Machine. The Registrar of Political Parties website (ヘブライ語)
  19. ^ Elise Garofalo. “Israeli Election Primer – What You Should Know”. Newshour (PBS). https://www.pbs.org/newshour/rundown/2013/01/israel-election-primer.html 2013年1月21日閲覧。 
  20. ^ Kershner, Isabel (2013年1月23日). “Charismatic Leader Helps Israel Turn Toward the Center”. The New York Times: pp. A10. https://www.nytimes.com/2013/01/23/world/middleeast/yair-lapid-guides-yesh-atid-party-to-success-in-israeli-elections.html 2013年1月23日閲覧。 
  21. ^ Ido Ben Porat (2015年2月9日). “Yesh Atid MK: We'll Prefer Herzog Over Netanyahu”. Israel National News. http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/191089 2015年6月14日閲覧。 
  22. ^ Jodi Rudoren (2015年3月28日). “Israeli Center-Left Leader Seeks Path Forward”. The New York Times: p. A8. https://www.nytimes.com/2015/03/28/world/middleeast/isaac-herzog-israel-fears-elections.html 2015年6月14日閲覧。 
  23. ^ ועדת הבחירות המרכזית לכנסת ה-20 | תוצאות ארציות”. web.archive.org (2015年3月18日). 2019年3月29日閲覧。
  24. ^ Magid, Jacob. “Former defense minister Ya'alon officially quits Likud”. The Times of Israel. 2017年3月12日閲覧。
  25. ^ Raoul Wootliff (2019年1月2日). “Former defense chief Ya'alon launches new political party, Telem”. The Times of Israel. 2019年3月8日閲覧。
  26. ^ Staff (2019年1月30日). “Launching bid to replace Netanyahu, Gantz vows to unify Israel, end incitement” (英語). The Times of Israel. 2019年2月27日閲覧。
  27. ^ What are Blue and White’s plans for the Nation-State Law?” (英語). The Jerusalem Post | JPost.com. 2022年3月20日閲覧。
  28. ^ Wootliff, Raoul. “Blue and White releases its political platform: ‘No second disengagement’” (英語). www.timesofisrael.com. 2022年3月20日閲覧。

外部リンク

[編集]