雑賀崎漁港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雑賀崎漁港
雑賀崎漁港の対岸からの風景
雑賀崎漁船での漁船からの直接販売の様子

雑賀崎漁港(さいかざきぎょこう)は、和歌山県和歌山市雑賀崎にある第2種漁港

室町時代に漁村が生まれ、独特な漁法「一本釣り」を編み出したことにより漁業が発展した[1]。「一本釣り」は平成2年まで行われていたが、徐々に底引き網漁に転換されている[2]

概要[編集]

  • 管理者 - 和歌山市
  • 漁業協同組合 - 雑賀崎漁業協同組合

歴史[編集]

雑賀崎漁民の最も古い記録は寛文11年(1671年)で、「雑賀七兵衛」が熊野に出漁した、とある[3]

さらに約100年の後、熊野地方や三重県南北牟婁に出漁、さらに、文化年間(1804〜1817年)ころ、阿波国伊島、海部郡方面に出漁している[3]明治時代、雑賀崎漁民はさらに範囲を広げ、明治10年ごろに、筑前よりタイ釣り指導の招聘を受けて赴いた。雑賀崎漁民の漁業の腕前が広く知れ渡っていたためと思われる[3]

明治19年に出漁先の九州でコレラに感染した雑賀崎漁民が帰郷後、たちまちに全村にコレラが蔓延した。伝染病を持ち帰り、かつ、人家が密集し、井戸を共同利用していたためと思われる[3]

明治26年、橋本国助が漁業者組合を組織、明治36年に漁業組合令が発布された時、漁業組合に移行した。漁業組合は昭和13年に組合員が共同出資して、「無制限責任雑賀崎漁業協同組合」となった[4]

催事[編集]

  • 旧正月には、豊漁を願って大漁旗が掲げられ、衣美須神社にタイやエビが奉納される[5]
  • 漁港にて鮮魚の直接販売が行われる(火曜、土曜と祝日の前日、海の荒れた日は休み)。時間は、5月中旬から10月中旬までは20時頃から、10月中旬から5月中旬までは15時頃から[6]

脚注[編集]

  1. ^ 「おいなあよ雑賀崎」和歌山大学わかやま未来学副専攻「地方都市のまちなか再生」プロジェクト
  2. ^ 共同研究 高野山大学社会学研究室、財団法人和歌山社会経済研究所 和歌山市雑賀崎地区調査報告書 28P
  3. ^ a b c d 共同研究 高野山大学社会学研究室、財団法人和歌山社会経済研究所 和歌山市雑賀崎地区調査報告書 18P
  4. ^ 共同研究 高野山大学社会学研究室、財団法人和歌山社会経済研究所 和歌山市雑賀崎地区調査報告書 19P
  5. ^ 朝日新聞 和歌山全県版 2018年2月18日 朝刊31P
  6. ^ 朝日新聞 和歌山全県版 2017年11月30日 朝刊24P

外部リンク[編集]