大漁旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八戸漁港に停泊するいか釣り漁船に掲げられた大漁旗 全国各地の団体から贈呈された大漁旗がうかがえる(青森県 八戸港

大漁旗(たいりょうばた)とは、日本に出た漁船が、大漁で帰港する際に船上に掲げる。 地方によってマネ、フライ(福来)旗とも呼ばれる[1]

デザインの多くは、海上からでもよく目立つよう、あるいは出産祝いに子供の初節句[2]飾り旗祝い旗(祝旗)として家に飾るなど縁起を担ぐ目的で派手な色彩や大胆な構図で描かれることが多い。船名のほか、「大漁」「祝 大漁」などの文字日の出(旭日)や恵比寿宝船などの絵柄などが描かれる。 基本となるデザインは50種ほど存在し、多くの場合進水式に併せて親戚や関係者などから寄贈される祝儀の一種であり、寄贈者の名が入れられている[1]

歴史[編集]

大漁旗

大漁旗の起源については諸説ある。

11世紀ごろの船印に由来し、豊漁の報償として船主が漁師に贈った晴れ着である万祝の図柄や技法を元に作られたという説がある[1]。 また、南北朝時代の瀬戸内において制海権を保持していた村上水軍が通行手形代わりに充てた旗を起源とする説がある。この説は漁民と通過する船舶を判別するため、漁民の旗と手形旗を異なる色にしたというものであるが、現在まで決め手となる有力な文献は出てきておらず、幾つもある村上伝説の四方山話の一つと見る向きが多勢である[3]。同様の説として平家の落人が瀬戸内を船で逃れる際、漁民に成りすますために軍旗に様々な彩を施し、後にそれが大漁旗となったという奇説もある[3]

前述の奇説を除けば、1651年(慶安4年)伊勢国桑名の漁民が豊漁を知らせる旗を掲げたという旨の記録が残っており、はっきりとした起源は定かでは無いものの、江戸期中期には大漁旗に類似するものが使用されていた事が分かる[3]。戦前までこの旗は染色されていない無地の麻旗が主流であり、「大漁旗」という名前や、現代のようなカラフルな旗が現れ始めたのは1960年代後半からと言われている[3][4]。これもまた確かな説は無いが、青森県八戸市周辺で海産物を輸送するトラックに派手な装飾を施すいわゆる「デコトラブーム」が起こり、漁民の間にもその流行が広まっていったとする説がある[4]。この説では1970年代から80年代にかけ、デコトラブームやヤンキー文化の広まりと相まって大漁旗が日本全国へ定着していったとされている[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 石子順造『キッチュの聖と俗:続・日本的庶民の美意識』太平出版社 1974年 p.22-24.
  2. ^ 産まれて最初に迎える男子なら端午の節句、女子なら桃の節句のこと。
  3. ^ a b c d 川島, pp.240-241
  4. ^ a b c 天明屋, pp.112-115

参考文献[編集]

  • 川島秀一 『漁撈伝承』 法政大学出版局、2003年。
  • 天明屋尚 『BASARA: 越境する日本美術論縄文土器からデコトラまで』 美術出版社、2010年。

外部リンク[編集]