阿座上洋吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿座上 洋吉(あざがみ ようきち、1933年 - )は、北海道札幌市出身[1]経営学者。専門は、経営管理簿記会計流通経済建設経営など。北海道における簿記会計の第一人者。現在、地域経済研究所理事長北海学園北見大学名誉教授

学歴[編集]

職歴[編集]

公職[編集]

北海道建設業審議会長、国土交通省北海道開発局入札監視委員会委員長、北海道経済産業局官公需適格組合諮問委員会委員長

エピソード[編集]

阿座上は、体をこわして休学して長期入院したため、8年間に渡り在学した。しかし、「この8年に、法律の勉強もした。この在学経験が、のちの教員人生にもいい影響を与えた」と、述べている。[2]

主著[編集]

  • 『建設業者のための消費税の会計実務』(大成出版社、1989年)
  • 『建設業の会計実務(第3版)』(中央経済社、1998年)
  • 『建設業経理事務士1級受験ワークブック』(清文社、2001年まで担当)
  • 『建設業界再生のシナリオ』(清文社、2002年)

など

参考文献[編集]

  1. ^ 北海道開発協会 広報484
  2. ^ 北海学園大学物語編集委員会企画編集『北海学園大学物語-北の大地に輝く青春群像』(須田製販、2005年)