阪本道隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阪本 道隆(さかもと みちたか 1927年 - 2017年4月19日)は、日本の銀行家。元南都銀行頭取。元奈良商工会議所会頭。奈良県橿原市出身。

1953年名古屋大学経済学部卒業後、南都銀行入行。支店長、人事部長等の要職を経験した後、常務取締役、専務取締役を経て、頭取及び会長を歴任。銀行業務を通じ地域の発展に寄与した。また、数多くの公職を務め、2003年には旭日中綬章を受章。

略歴[編集]

公職等(主なもの)[編集]

参考資料[編集]

  • 『日本金融名鑑』

脚注[編集]

  1. ^ 阪本道隆氏が死去 元南都銀行頭取 日本経済新聞 2017年4月25日