関東八景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
関東八景
Korea-Naksansa 2100-07 shoreline.JPG
洛山寺よりの眺め
各種表記
ハングル 관동팔경
漢字 關東八景
発音 クァンドンパルギョン
日本語読み: かんとうはっけい
テンプレートを表示

関東八景(かんとうはっけい)は、朝鮮のむかしの関東地方(朝鮮八道のうち江原道太白山脈東側)にある景勝地から8ヶ所(八景)を選び、それらを総称したもの。

概要[編集]

「関東八景」に数えられる景勝地は、通例では次の通り。[1]

越松亭の代わりに、次の景勝地を入れることがある。

このうち、叢石亭・侍中台・三日浦が北朝鮮の統治範囲にあり、残りが韓国の統治範囲にある。「関東」はもともと江原道日本海沿岸部を指していたが、朝鮮戦争後に行政区画の変更が行われたため、望洋亭・越松亭がある蔚珍郡慶尚北道に所属している。

海や湖が織り成す白砂青松の景観や山の風景が愛され、多くの伝説や歌謡や詩が生み出された。とくに、叢石亭・三日浦・洛山寺がうたわれた安軸『関東別曲』(高麗末期)や、関東八景と金剛山一帯の山水の美しさを描写した鄭澈『関東別曲』(朝鮮王朝期)が有名である。

[編集]

  1. ^ 漢字表記は関東八景とは?(中国語)に依った。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考[編集]

この記述には、ダウムからGFDLまたはCC-SAで公開される百科事典『グローバル世界大百科事典』をもとに作成した内容が含まれています。