開東閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
開東閣本館

開東閣(かいとうかく)は、東京都港区高輪にある洋風建築であり、旧岩崎家高輪別邸である。

概要[編集]

ジョサイア・コンドルの設計で1908年(明治41年)に完成した。11,200坪の広大な敷地面積を有する。

三菱財閥の第4代総帥、岩崎小弥太が晩年、療養生活を送り、1945年12月2日に当地で亡くなった[1]

一般公開はされておらず、現在は三菱グループ倶楽部として使われている。周囲は鬱蒼とした森となっており、外部からは建物は見えない。

所在地・交通[編集]

東京都港区高輪4丁目25番33号

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 三菱の総帥、死去(昭和20年12月5日朝日新聞)『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p8 毎日コミュニケーションズ刊 1994年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度37分26.5秒 東経139度44分11.3秒 / 北緯35.624028度 東経139.736472度 / 35.624028; 139.736472