鏡貴也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鏡 貴也
誕生 (1979-05-22) 1979年5月22日(43歳)
東京都
職業 小説家
ジャンル ライトノベル
代表作 伝説の勇者の伝説
いつか天魔の黒ウサギ
主な受賞歴 ファンタジア長編小説大賞(準入選)(2000年)
デビュー作 武官弁護士エル・ウィン
公式サイト 鏡貴也の健康生活
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

鏡 貴也(かがみ たかや、1979年5月22日 - )は、日本ライトノベル作家。東京都出身。血液型O型。

主にファンタジー作品を執筆している。

概要[編集]

高校時代は医者志望だったが、家業の問題から地上げで家に閉じ込められることとなり退学したと称している。その後大検は取得したものの、地上げが終わらなかったことで外出ができず友人とも会えない生活が2年ほど続いたため、家でできる仕事を探した結果、小説を書き始め、20歳頃から投稿を開始したという。3本目に書いた『武官弁護士エル・ウィン』で第12回ファンタジア長編小説大賞準入選を受賞し、同作品でデビュー[1][2]

平均するとほぼ2ヶ月に1冊執筆している計算になる速筆家であるが、書き始めに関してはブーストがかからないとの事[3]

大の映画ファンを自認しており、特に中学・高校時代に4000本の映画を観ていると自称する。[4]

全作品の書籍累計は約1200万部[注釈 1]

作品リスト[編集]

小説[編集]

文庫未収録

漫画原作[編集]

ゲームシナリオ[編集]

  • 新約アルカナスレイヤー[6](2015年)

同人(文芸)[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 出典は各作品項目からの合計数。
  2. ^ 伝説の勇者の伝説』は、第4回龍皇杯で、『EME』(瀧川武司)とともにダブル優勝をはたした。

出典[編集]

  1. ^ 紹介”. 2006年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月16日閲覧。
  2. ^ アニメ化を果たした「伝説の勇者の伝説」の鏡貴也さんにインタビュー、小説家になるコツや執筆スタイルを大公開” (日本語). GIGAZINE (2010年5月8日). 2022年3月12日閲覧。
  3. ^ うーんうーんうーん” (2008年12月). 2010年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月12日閲覧。
  4. ^ nakamura-yo (2015年12月28日). “【カクヨム・作家インタビュー企画】 VS 鏡貴也先生” (日本語). カクヨムからのお知らせ. 2022年3月12日閲覧。
  5. ^ 伝説の勇者の伝説 :作品情報”. アニメハック. 2020年7月18日閲覧。
  6. ^ 「新約 アルカナスレイヤー」,鏡 貴也氏によるシナリオ制作秘話が公開” (日本語). Aetas Inc. (2015年11月12日). 2018年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]