鏡味国彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鏡味 国彦(かがみ くにひこ、1938年8月 - )は、日本の英文学・比較文学者、立正大学名誉教授。 名古屋市生まれ。愛知県立昭和高等学校国際短期大学から立正大学に編入し卒業、1964年立正大学大学院英文科修士課程修了。68年立正大大学院博士課程単位取得満期退学。立正大助手、助教授、教授、87年「ジェイムズ・ジョイスと日本の文壇 -昭和初期を中心として」で立正大文学博士。2003年定年退任、名誉教授。

著書[編集]

  • ジェイムズ・ジョイスと日本の文壇 昭和初期を中心として 文化書房博文社 1983.5
  • 現代イギリスの実験小説家たち コンラッド,ジョイス,ウルフを中心として 文化書房博文社 1986.5
  • 十九世紀後半の英文学と近代日本 文化書房博文社 1987.5
  • ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティと明治期の詩人たち 文化書房博文社 1990.9
  • 古城栗原元吉の足跡 漱石・敏・啄木、及び英国を中心とした西洋の作家との関連において 文化書房博文社 1993.6
  • 英学の先駆者 平田禿木 文化書房博文社 2003.9

共編[編集]

  • 英米文学への誘い 齊藤昇共編 文化書房博文社 2008.7

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • 異文化への道標 / 鏡味國彦教授還暦記念論文集刊行委員会 大空社出版部 1998.10

参考[編集]

  • 仁木勝治「鏡味國彦先生をお送りする(送別の辞・思い出の記)」、『立正大学文学部論叢』第117巻、立正大学、2003年3月20日、 27-31頁、 NAID 110000964007