銀座クリスタルビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
銀座クリスタルビル
Ginza FUJIYA 2006.jpg
情報
用途 商業施設
構造形式 鉄骨造
延床面積 2,422.08 m² [1]
階数 地上8階・地下1階
エレベーター数 2基
竣工 1982年6月
所在地 104-0061
東京都中央区銀座四丁目2番12号
座標 北緯35度40分21秒 東経139度45分49.2秒 / 北緯35.67250度 東経139.763667度 / 35.67250; 139.763667座標: 北緯35度40分21秒 東経139度45分49.2秒 / 北緯35.67250度 東経139.763667度 / 35.67250; 139.763667
テンプレートを表示

銀座クリスタルビル(ぎんざクリスタルビル)は、東京都中央区銀座四丁目の数寄屋橋交差点角に建つ商業施設である。不二家ネオンサインとガラス張りの曲面状のカーテンウォールの外観が銀座のランドマークの一つになっているが[2]建物は同社所有ではなく、テナントとして不二家数寄屋橋店が入居している。

歴史[編集]

1953年に、この地に地上3階建の不二家数寄屋橋店が開店。1957年には屋上にフランスキャラメルの大看板が設けられ(その後ペコちゃんの大看板)、人目を引いた[3]1982年、同ビル跡地に現在の銀座クリスタルビルが建設され、同年6月に竣工した。

従来不二家は、ここより南西に位置する銀座7丁目のコリドー街に1931年に工場を開設[3]1975年に本社ビルを建設した。しかし2007年生クリーム偽装に関わる不祥事発覚により同ビルを売却することとなり、現在は山崎製パン傘下として文京区音羽に本社を移転している[4]

入居店舗[編集]

同ビルと数寄屋橋の夜景

1階には不二家数寄屋橋店[5]ロッテリア[6]、中古カメラ屋のニコンハウス(スキヤカメラ[7])、リーガルシューズ銀座数寄屋橋店が入居する。

2階より上には、星乃珈琲店数寄屋橋店、ハンバーグ料理の数寄屋バーグ、中華料理の桃杏樓銀座数寄屋橋店など飲食店が入居している。

脚注[編集]

  1. ^ ビル図鑑
  2. ^ 銀座の不二家の資産を調べてみた”. 日経不動産マーケット情報 (2007年2月9日). 2015年8月9日閲覧。
  3. ^ a b 不二家の歴史(終戦後から昭和)(明治から終戦)
  4. ^ 不二家、銀座・コリドー街の本社ビルを約135億円で売却”. 銀座経済新聞 (2007年3月14日). 2015年8月9日閲覧。
  5. ^ 不二家の同店は限定商品を製造販売していることもある(すべてのカントリーマアマーに告ぐ! 不二家数寄屋橋店限定 窯だし「カントリーマアム」を食べてこそ真のカントリーマアマーである”. ロケットニュース24 (2014年9月9日). 2015年8月9日閲覧。)。
  6. ^ ロッテリア店舗検索
  7. ^ スキヤカメラ