鈴木陽子 (医師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 陽子(すずき ようこ、1940年7月 - )は、日本医師、元麻薬取締官徳島県出身。

略歴[編集]

徳島大学薬学部卒業後、厚生省入省、麻薬取締官に任官。1974年に医大受験の為の勉強を始め、36歳の時に大阪市立大学医学部に入学。6年後、医師国家試験に合格し医師免許取得。大阪市内の総合病院に勤務。

1990年5月北海道幌泉郡えりも町診療所単身赴任する。2001年に国民健康保険診療所所長を退任。その後は神陽台クリニック(洲本市五色町)に勤務。

受賞歴[編集]

テレビ出演[編集]

著書[編集]

参考資料[編集]