鈴木讓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 讓(すずき じょう、1960年 - )は、日本情報工学者。現職は大阪大学大学院基礎工学研究科教授 [1]。専門は情報理論、確率グラフィカルモデル機械学習、および数理情報学 [1]

略歴 ・人物[編集]

東京都中野区出身[2]1979年神奈川県立厚木高等学校卒業[3]後、1984年早稲田大学理工学部工業経営学科を卒業[1]1989年早稲田大学大学院理工学研究科博士課程単位取得退学、1993年2月博士(工学)[1]。1989年4月から1992年3月まで早稲田大学理工学部助手、1992年4月から1994年3月まで青山学院大学理工学部助手、1994年4月から大阪大学理学部講師、1998年4月大阪大学大学院理学研究科准教授を経て、2017年4月より現職。日本のベイジアン(Bayesian)ネットワーク研究の第1人者である[4]。経営していたサーバ管理会社で社員を違法に解雇していた[要出典]

経歴[1][編集]

  • 1989年04月~1992年03月 早稲田大学理工学部助手。
  • 1992年04月~1994年03月 青山学院大学理工学部助手。
  • 1994年04月~1995年03月 大阪大学理学部講師。
  • 1995年04月~1998年03月 大阪大学大学院理学研究科講師。
  • 1995年09月~1997年03月 Stanford大学客員講師。
  • 1998年02月~1998年04月 Brown大学客員科学者。
  • 1998年04月~2007年03月 大阪大学大学院理学研究科助教授。
  • 2001年09月~2002年08月 Yale大学客員助教授。
  • 2007年04月~2016年03月 大阪大学大学院理学研究科准教授。
  • 2017年04月~継続中 大阪大学大学院基礎工学研究科教授。

所属学会[編集]

著作[編集]

主著[編集]

  • 『ベイジアンネットワーク入門―確率的知識情報処理の基礎』(培風館2009年[5]
  • 機械学習の数理100問シリーズ『統計的機械学習の数理 with R』(共立出版、2020年)
  • 機械学習の数理100問シリーズ『統計的機械学習の数理 with Python』(共立出版、2020年)
  • 機械学習の数理100問シリーズ『スパース推定 with R』(共立出版、2020年)
  • 機械学習の数理100問シリーズ『スパース推定 with Python』(共立出版、2021年)
  • Statistical Learning with Math and R (Springer, 2020年)

共編著[編集]

  • 鈴木譲、植野真臣他(共編・著)『確率的グラフィカルモデル』(共立出版2016年[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 研究者総覧”. 大阪大学. 2019年12月20日閲覧。
  2. ^ 自己紹介”. Joe Suzuki. 2019年12月20日閲覧。
  3. ^ 職歴と学歴”. Joe Suzuki. 2019年12月20日閲覧。
  4. ^ クラウドからビックデータへ―データサイエンティストのすすめ(2015年6月12日)”. 鈴木譲. 2019年12月20日閲覧。
  5. ^ ベイジアンネットワーク入門”. アマゾン. 2019年12月20日閲覧。
  6. ^ 確率的グラフィカルモデル”. アマゾン. 2019年12月20日閲覧。

外部リンク[編集]