鈴木裕介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 裕介(すずき ゆうすけ、5月9日 - )は、日本ナレーターFMラジオテレビ番組イベント司会者として活躍している。

大沢事務所を経て個人事務所を設立。

来歴[編集]

東京生まれ埼玉育ち。成立学園高校卒業。東京商科学院イベントプランニング学科卒業。 出版社に勤める親の影響でライターを目指していたが、知人の薦めでJ-WAVEのDJオーディションを受け1500人の中から選出され、ラジオ現場の見習いの意味合いも兼ねてラジオ制作会社シャララカンパニーで下積み時代を過ごす。 最初にADでついた番組はバリー・ホワイトがナビゲーターを務める『Optune Midnight Faces』。この時のディレクターがバカボン鬼塚であった。その後はクリス・ペプラーがナビゲーターを務めるJ-WAVEの看板番組『TOKIO HOT100』でADを務める。この時のディレクターが村上雄信菊池淳介であった。TOKIO HOT100内のロバート・ハリスのモノマネをするパロディーコーナー『ハリソン・ロバートソン』を担当するようになり、それを聞いていた他番組のディレクターが『お前おもしれぇな。オーディションあるから受けてみたら?』と紹介されたのがbay-fm『Groove From K-West』。この番組に採用されることをきっかけに、制作会社を退社しDJ/ナレーターの道へ。以後テレビ番組やコマーシャルのナレーション、イベント司会などで活躍。

人物[編集]

もともと劇団にいたこともあり、表情豊かな声はそこも関係しているのではと言われている。ラジオやイベントの司会など、これまで対談してきた著名人は述べ2000組み以上。前に出過ぎず自然体で相手を気持ちよくさせるステージまわしが特徴である。

喋るだけでなく制作出身のキャリアを生かした作り手としてラジオイベントの制作も請け負うマルチプレイヤー。 20年以上のクラブDJキャリアから引き出しの多いラジオライクなDJ MIXのファンは多く『CD化希望』の声も多い。

ナレーターとしては、これまで『お願い!ランキング』や『すぽると!』などバラエティ番組からスポーツ番組まで明確でわかりやすい口調と主張しすぎない語り口で知られる。高音から低音まで声域の広さを活かし様々なオーダーにも対応可能な“声”も魅力のひとつで特に、落ち着いたトーンのドキュメンタリー作品には定評がある。

コマーシャルテレビ番組ナレーションだけにとどまることなく、企業VPeラーニングなどインナー系ボイスからの指名も高い。

学生時代に肌荒れに悩んだことをきっかけに美容に目覚め、美容品の代理店を務めるほどまでに。会う人の多くがその肌質の綺麗さに驚く。

ホリエモンを崇拝し、自身も美容、アパレルをはじめとした実業家として声にとどまることなく活動している。


出演[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

外部リンク[編集]