鈴木義伯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すずき よしのり
鈴木 義伯
生誕 (1949-01-19) 1949年1月19日
日本の旗 日本東京都
国籍日本の旗 日本
教育学士
出身校東京電機大学工学部
職業実業家
活動期間1972年 -
著名な実績arrowheadの企画開発

鈴木 義伯(すずき よしのり、1949年(昭和24年)1月19日 - )は、日本の実業家日本郵便専務執行役員、元東京証券取引所常務取締役最高情報責任者。

来歴[編集]

1949年(昭和24年)1月19日生まれ。1972年(昭和47年)東京電機大学工学部電子工学科卒業後、日本電信電話公社(現・NTT)に入社。

1988年(昭和63年)NTTデータに移り、金融システム担当部長に就任。リージョナルバンキングシステム事業本部長などを経て、

2005年(平成17年)NTTデータフォース株式会社代表取締役社長に就任。

2006年(平成18年)東京証券取引所執行役員に就任し、同社常務取締役 最高情報責任者(CIO)に就任。株式証券取引システムarrowheadの企画開発を進め高速取引を実現し、株式取引の流動性向上に貢献した[1]

2017年(平成29年)4月、日本郵便専務執行役員CIOに就任[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]