鈴木秀一 (経営学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 秀一(すずき しゅういち、1955年 - )は、日本経営学者立教大学経営学部教授。

略歴[編集]

千葉県出身[1]。 1978年慶應義塾大学文学部社会学科卒業。1980年同大学院社会学研究科修士課程修了。1984年同博士課程単位取得満期退学。慶大では石坂巖に師事[2]。1994年立教大学より博士(経営学)を取得。

1985年高崎経済大学専任講師、1988年助教授。1994年立教大学経済学部経営学科助教授、1995年教授、2006年経営学部教授[3]

著書[編集]

  • 『経営文明と組織理論』(学文社, 1993年)
  • 『経営文明と組織理論・増訂版』(学文社, 1997年)
  • 『入門経営学』(亀川雅人共著, 新世社, 1997年)
  • 『入門経営組織』(新世社, 2002年)
  • 『情報社会の秩序と信頼』(斎藤洋共編著, 税務経理協会, 2006年)
  • 『企業組織とグローバル化』(単編著, 世界思想社, 2006年)
  • 『経営のルネサンス』(細萱伸子出見世信之共著, 文眞堂, 2017年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『入門経営学』(新世社、1997年)
  2. ^ 鈴木秀一ゼミナール・自己紹介
  3. ^ 鈴木 秀一 - 立教大学研究者詳細

外部リンク[編集]