鈴木朝夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 朝夫(すずき ともお、1932年10月10日 - )は、日本の材料科学者。東京工業大学名誉教授。元高知工科大学副学長。元日本金属学会会長。元高知県公安委員会委員長。

人物・経歴[編集]

千葉県出身[1]。1951年東京都立国立高等学校卒業[2]。1955年東京工業大学理工学部金属工学科卒業[1]。1969年東京工業大学工学博士[3]。東京工業大学精密工学研究所助手、東京工業大学精密工学研究所助教授、東京工業大学精密工学研究所教授を経て、1989年東京工業大学工学部金属工学科教授。1993年北海道大学工学部材料工学科長・教授。1996年高知工科大学設立準備財団参与日本金属学会会長。1997年高知工科大学物質環境システム工学科教授、高知工科大学副学長、高知工科大学工学部長、高知工科大学工学研究科長。2000年高知県公安委員会委員。2001年高知県産業振興センター理事。2011年高知県高坂学園生涯老人大学学長[1]高知県森林総合センター情報交流館ネットワーク代表[4]。同年瑞宝中綬章受章。東京工業大学名誉教授、高知工科大学名誉教授、高知県公安委員会第41代委員長、同第44代委員長、同第45代委員長[1][5]

著書[編集]

  • 『マテリアルデザイン』丸善 1988年
  • 『金属に超機能を化合する』三田出版会 1990年
  • 『高知ぷらっとウォーク見聞録』鈴木朝夫エッセイ集 2014年

脚注[編集]

[脚注の使い方]


先代:
吉永日出男
日本金属学会会長
1995年 - 1996年
次代:
及川洪