鈴木幸作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木幸作

鈴木 幸作(すずき こうさく、1873年明治6年)4月11日[1][2] - 1945年昭和20年)11月21日[3])は、明治から昭和前期の実業家政治家貴族院多額納税者議員

経歴[編集]

浜松県敷知郡浜松成子町(静岡県敷知郡浜松町、浜名郡浜松町を経て現浜松市中区成子町)で、味噌醤油醸造業、浜納豆製造業・鈴木五郎作(旧名・幸作)、こと夫妻の長男として生まれる[1][2]。県立静岡中学校(現静岡県立静岡高等学校)を卒業[1][2]。1923年(大正12年)家督を相続した[1]

家業の他、浜名石材社長、西遠印刷社長、浜松養魚社長、浜名委託社長、浜松鉄道取締役、遠州銀行(現静岡銀行)監査役、浜松貯蓄銀行監査役、浜松商工会議所会頭などを務めた[1][2][3]

政界では、浜松市会議員、同議長を務めた[1][3]。1932年(昭和7年)に静岡県多額納税者として貴族院議員に互選され、同年9月29日[4]から死去するまで2期在任した[3][5]。在任中は研究会に所属した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『財界二千五百人集』78頁。
  2. ^ a b c d 『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』静岡32頁。
  3. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』205頁。
  4. ^ 『官報』第1727号、昭和7年9月30日。
  5. ^ 『官報』第5664号、昭和20年11月28日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』帝国秘密探偵社、1943年。
  • 『財界二千五百人集』財界二千五百人集編纂部、1934年。