鈴木平三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 平三郎(すずき へいざぶろう、1906年5月26日 - 1984年2月2日)は、日本政治家、医師。東京都三鷹市長(5期)。

来歴[編集]

1930年日本大学医学部を卒業。三鷹市で産婦人科医院を開業する。戦時中は軍医として中国大陸に派遣された。戦後は社会党に入党。1937年三鷹村議1940年三鷹町議1948年三鷹町公安委員長を経て1955年三鷹市長に就任する。市長在任中は下水道事業に取り組み、1973年に普及率100%を達成させた。市職員を百貨店で研修させたり、庁舎内を禁煙化させるなど独創的な政策を打ち出した。東京都市長会会長、全国市長会副会長を歴任し、1975年に退任した。同年、全国市長会特別表彰、市政功労表彰を受け、1980年三鷹市名誉市長となった。この他、日本大学講師、学校法人日本学園理事長、杏林大学医学部客員教授なども務めた。1984年77歳で死去。

 受賞歴[編集]

  • 保健文化賞
  • 勲三等旭日中綬章

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 『日本人名大辞典』、講談社。
  • WHO 物故者事典1983-1987


先代:
渡辺萬助
Flag of Mitaka, Tokyo.svg 東京都三鷹市長
第3代:1955年 - 1975年
次代:
坂本貞雄