鈴木守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 守(すずき まもる、1938年11月30日[1] - )は日本の医学者教育者。元群馬大学学長、医学部長、上武大学学長、寄生虫学者、医学博士

専門は寄生虫学マラリア対策研究、熱帯医学

静岡県出身[1]私立武蔵高校卒業後、1969年千葉大学大学院医学研究科博士課程修了後、東京大学医科学研究所細菌感染研究部を経て1972年WHO上級研究者としてイギリスおよびアメリカに留学。その後、1974年東海大学助教授。1976年群馬大学教授となる。学位論文名は「トキソプラズマ色素試験Acessory Faetorの研究マウス細胞溶解因子の意義」。

1998年、群馬大学医学部長。群馬大学副学長を経て2003年より群馬大学長。2009年より上武大学学長。

世界寄生虫学者連盟会長、日本寄生虫学会理事長、文部科学省中央教育審議会専門委員、財団法人大学基準協会理事・副会長、社団法人国立大学協会理事、文部科学省大学設置・学校法人審議会委員、独立行政法人日本学術振興会野口英世アフリカ賞」医学研究分野推薦委員会委員、社団法人国立大学協会経営支援委員長などを歴任。

2014年瑞宝重光章受章。現在、群馬市民大学講座で学長を務める。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.413

外部リンク[編集]